カルテット!人生のオペラハウス|MOVIE WALKER PRESS
MENU

カルテット!人生のオペラハウス

2013年4月19日公開,99分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

現役を引退し、老人ホームで暮らす音楽家たちがホームの存続をかけたコンサートに挑む姿を、笑いや涙を交えて描くヒューマンドラマ。マギー・スミス、トム・コートネイら名優たちが元オペラ歌手役に扮し、歌声を披露する。アカデミー賞主演男優賞に2度輝く名優ダスティン・ホフマンが75歳にして初めて監督に挑戦した。

予告編・関連動画

カルテット!人生のオペラハウス

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

引退した音楽家たちが老後を過ごす“ビーチャム・ハウス”は、ホームの存続をかけたコンサートの準備の真最中。レジー、シシー、ウィルフというかつて一緒にオペラを歌っていた有名カルテットの3人が暮らしている。だが、新たな入居者として、かつて彼らを野心とエゴで傷つけ去って行っていったプリマドンナのジーンがやってくる。

作品データ

原題
QUARTET
映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
イギリス
配給
ギャガ
上映時間
99分

[c]Headline Pictures (Quartet) Limited and the British Broadcasting Corporation 2012 [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.5
  • rikoriko2255

    パライバ

    3.0
    2013/4/20

    老後のお話ということで他人事じゃないことではあるんですが、彼らの住処のビーチャム・ハウスっていうのが半端じゃない大邸宅で、やっぱり夢かな?っていう感じです。 意地の張り合いはあっても本音のところでは皆寂しいし誰かと一緒にいたいものなんだと。 散りばめられている音楽が贅沢。 クライマックスのガラ・コンサートなどが文字通り耳に余韻を残すのは勿論ですが、心にも余韻が残ります。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2013/4/8

    ダスティン・ホフマン監督のキャスティング秘話も良かったな~ メインキャスト以外は俳優じゃなくて、音楽や演奏のプロの人たちなんだって。 皆に、演技は止めよう。ありのままの年を取ると言う事はどういう事かを見せよう!と言う心意気での撮影。 でも、女は死ぬまで女なのよ。 ジーンの、出演を決めるまでのエピソードが好きだわ~女の意地とか譲れない物、有るのよね、きっと。プリだからこそ。 それに、レジー、格好良すぎじゃない? まぁ、引き立て役の不良老人セドリックも良いけど、繊細で、真面目で、かといって頭が固すぎる訳じゃなく、あの場面で、ああ決められるのって、ニクイわ。たまらんでしょうね。 しかも美声なんでしょ?や~素敵な老人だわ。 個人的にはピアニストの彼女が好きだけど、そんな彼女たちの経歴や若かりし姿がエンディングで見られるの。 それも素敵過ぎ~プログラムをじっくり見たくなりました。 司会のさとりちゃんが監督も一緒に観るので、素直な反応を見せてあげて欲しい・・と言ったのですが、言わなくても大丈夫。笑えたし、や~~ん・・ってなったし、きゅんと来たし。そういう反応は隠せないじゃない? 監督、通路挟んですぐ後ろで見てたしね。 終わったらすごい拍手だったし。 途中でも正直拍手したくなったわよ?面白かったです。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告