君と歩く世界|MOVIE WALKER PRESS
MENU

君と歩く世界

2013年4月6日公開,122分
R15+
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『預言者』で第62回カンヌ国際映画祭グランプリに輝いたフランスの名匠ジャック・オーディアール監督によるラブストーリー。事故で両足を失ったシャチの調教師と彼女の心の支えになろうとする男との愛が描かれる。『エディット・ピアフ 愛の讃歌』でアカデミー賞主演女優賞に輝いたマリオン・コティヤールがヒロインを熱演する。

予告編・関連動画

君と歩く世界

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

南仏アンティーブの観光名所マリンランドでシャチの調教師として働くステファニーがある日、悲劇に見舞われる。シャチのショーを指揮している最中に事故に遭い、両足を失ってしまったのだ。失意のどん底にいた彼女を、5歳の少年のシングルファーザー、アリが救う。アリは両足がない事を知りながらも、彼女に優しく接していく。

作品データ

原題
De Rouille et D'os
映倫区分
R15+
製作年
2012年
製作国
フランス ベルギー
配給
ブロードメディア・スタジオ
上映時間
122分

[c]Why Not Productions - Page 114 - France 2 Cinema - Les Films du Fleuve - Lunanime [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2013/4/18

    2人の愛を押している映画であるが、果たしてそうか。
    それぞれの新たな人生への道のりが正解では。

    まず、人生を変えてしまう事故。シャチに食われたってわけではない。事故とは言え、その尺が短い。で、ステファニーは調教師としての熱はそれほどでもなかったのかなぁと疑問。事故以来、何度か足は運ぶが、以降ぱったり。K.ペリーの曲に合わせて、ティファニーが空想で調教のサインを一生懸命やるシーンでやはりと思ったが、特にシャチとの交流はない…

    一方アリは父親としての自覚がない。もちろんプライベーも大事だけれど、責任を持っていない。後半の子供が助かったから、エンディングに希望が持てるわけで、幸運はそう転がっていない。

    不具合な2人がOPEといった対応可能、都合がいい男女。恋愛が存在しないか、フランス映画ならではJe t'aimeがないのは珍しい。とは言え、特にステファニーにはアリの心のサポートは極めて大きな役割を果たした。細かいことには気にしない故、外に連れ出したのは彼。海から上がる彼女を背負う彼の背中は頼もしい。

    そしてファイトクラブ的な金稼ぎ。アリ、お腹は6パックではないんですね。若干メタボ感を感じる。ステファニーは調教師からマネージャーとなるが、義足がハクを付ける。タトゥに革ジャン。ワイルドだぜぇ。
    愛?2人の人生と同じように小さな芽からすくすく成長していくのでしょう。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告