サイド・エフェクト|MOVIE WALKER PRESS
MENU

サイド・エフェクト

2013年9月6日公開,106分
R15+
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

名匠スティーヴン・ソダーバーグ監督によるサスペンス・スリラー。致命的な副作用を持つ新薬を患者に投与してしまった精神科医を待ち受ける運命と、新薬にまつわる陰謀のドラマがスリリングに描かれる。ジュード・ロウが精神科医に、『ドラゴン・タトゥーの女』のルーニー・マーラが新薬を投与されるヒロインに扮する。

予告編・関連動画

サイド・エフェクト

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

精神科医のバンクスは患者のエミリーに新薬を投与する。彼女の症状は回復するが、思わぬ副作用が待ち受けていた。夢遊病に悩まされるようになり、挙句のはてに無意識状態のまま殺人を犯してしまう。その結果、バンクスが罪に問われ、社会的地位を失い、家族もバラバラに。バンクスは自らの名誉のため、真相の解明に乗り出す。

作品データ

原題
Side Effects
映倫区分
R15+
製作年
2013年
製作国
アメリカ
配給
プレシディオ(協力 松竹)
上映時間
106分

[c]2012 Happy Pill Productions. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    Sibyl

    2.0
    2013/9/26

    想像した内容と違った。
    もっと重厚なサスペンスを期待してたのに。。

    見処は主演の女優さんの演技力くらいかな。

    まあ、なんでも薬で治そうとするアメリカ社会を揶揄した点では評価できるのかもしれないけど。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2013/9/18

    今をときめくチャニングが、そのセクシーさを発揮すること無く終わりますけど。

    出来る事を親身にした。それなのに追いつめられる医者って、本当に破滅と紙一重な仕事ね。
    どう考えても、嵐が治まるのを待つしかない・・って思うんだけど、そんな泣き寝入りはしない。
    戦うドクター。見ている側は、本当に裏なんてあるの?彼がおかしくなったの?って思うんだけど。
    流石職業柄心理戦に強い。
    見応え有りました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    potewoods

    4.0
    2013/9/16

    なかなかおもしろくて満足した。
    サクサク展開していくしセリフも多いから、字幕、画面、話の筋を読むのに集中力がいる。
    ルーニーマーラーという女優、ちゃんと見たのは初めてだが、可愛い美人だ。彼女にみとれながら展開してゆくサスペンスにひきこまれてゆきました。
    ジュードロウは好きな俳優。(しかししばらく見ないうちに頭が…)。彼の出ている『スルース』という映画を以前観て、それもけっこう面白かったが、今回のもそれに近い感じ。
    アメリカの製薬会社とか、勝ち組の人生観とか、どれぐらい実際のそれと同じなのか分かりませんが、いやはやコワイもんだな、ダーク、ダーティーだなー。
    弱肉強食。正義が通らない世界だと、獲物にされないためには悪を備えるしかないということか。
    もはや何が正気なのか。「狂人」がいくら「私は正気です」と叫んでも、言葉は意味を為さなくなる。

    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    3.0
    2013/9/16

    おー恐い恐い…
    薬の副作用で旦那を殺害してしまうなんて
    これは恐い。
    いやいや、何か裏がありそう…
    ってな感じのサスペンス作品。
    ソダーバーグ監督らしくジワジワと作品に浸らせる上手さ。
    ジュード・ロウ、ルーニー・マーラの演技にも
    完全にやられちゃいます。
    ただ、動機の部分にもうちょっと深みがほしかったような。。。
    ソダーバーグは本当に今作で映画界から引退しちゃうのでしょうか。
    もったいない。。。

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    2.0
    2013/9/16

    「コンテイジョン」のような作品かと思った。まっとうに、薬の副作用でから発する出来事かと思いきや、人のブラックな部分が露呈する。バンクスからみる製薬会社のビジネスライク。シーバートとエミリーの駆け引き。どれもこれも、相手の先の先まで読まないと倒される。突発的ではなく、計画的で、最も悲惨なのはマーティン。なーんも知らない。
    結局、薬がどうのこうのではない。薬でなくとも、storyは出来たのか知れぬ。
    正直「コンテイジョン」の方がスリリングだったな。
    水面下の心情描写はソダバーグのお得いとは思うし、castingも悪くないが、物足りなさを感じる。

    違反報告
  • rikoriko2255

    1013

    4.0
    2013/9/12

    ソダーバーグは自分でカメラもやる。
    ソースライトをメインとしていて好きでもあり、映画的なツヤがないので華にかける。
    宣伝ではヒッチコック風みたいなことを言っていたが、物語は実にそう。
    豊富な時期をもっと多くしたら映画がもっと艶やかになったんじゃないかとか、構成が複雑なのであいかわらず一見しただけではわかりにく箇所もあり。
    そんなことよりも、米国では精神系のクスリが日常的に使用され、ジュード・ロウ扮するイギリス人カウンセラーがアメリカに来た理由にはっとなる。
    その理由の是非は置いといて、なるほどと納得してしまう病んだ社会がそこにある。
    ところどころ、ある登場人物の感情の起伏が唐突に変わるんだけど、そこまでやってる人が感情的になるかなと思ったり「あれれ」な部分はあるけど、なかなかのミステリー・スリラーです。
    終わり方が好き。未来を見いだせて。

    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    4.0
    2013/9/9

    誰かが嘘をついているはずだけれど、誰?
    主人公が社会的に追い詰められていく様子がおそろしい。
    最後の最後のどんでん返しまでハラハラ。
    サスペンスらしいサスペンス。

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    4.0
    2013/8/19

    この映画、心を病んだ女性の心理を描いてるものかと思ったら、夫が殺されたことでバンクスの立場が..................。
    何かの陰謀?
    ミステリーだ~ぁ。
    そして女は怖い!!

    ルーニー・マーラの演技が素晴らしかった。

    違反報告