底抜けオットあぶない:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
底抜けオットあぶない
底抜けオットあぶない

底抜けオットあぶない

1963年12月25日公開、90分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

製作は「棚ボタ作戦」のポール・ジョーンズ、監督は「女はそれを我慢できない」のフランク・タシュリン、撮影はW・ウォーレス・ケリー。出演者はルイスのほかに「ナイスガイ・ニューヨーク」のジル・セント・ジョン、「勝利者(1963)」のアグネス・ムーアヘッド、「アパートの鍵貸します」のレイ・ウォルストン、「ちびっこ天使」のジョン・マクギバーなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ノーマン(ジェリー・ルイス)は、犬を預かって散歩させる商売をしている貧しく正直な青年。恋人のバーバラ(ジル・S・ジョン)は、母の気位の高いところや、様々の干渉を嫌って家出し、アパート住まいをしてエレベーターの乗務員をしているが、父は全国でデパートを経営する財閥である。母は娘がノーマンと交際しているのを嫌い、デパートの支配人に頼んでノーマンを採用させ、難しい仕事をさせようと計った。そして彼は次から次へと珍騒動を起こした。バーバラは彼に社長の娘であることは、言っていない。ある日社長室で社長にゴルフを教えたことから、ノーマンはタットル社長と近づきになり、社長夫人に対するグチを聞いてやった。ノーマンはバーバラと結婚する決心を固めて、タットル氏に立会人になることを頼んだ。氏は感激して自分の邸を式場に勧めた。自分の娘が相手であったことを知って驚いた氏も、何くわぬ顔で2人を祝福した。翌日、ノーマンは真空掃除機売場で失敗をやらかし、バーバラの母親とその友人に恥をかかせ、騒ぎに駆けつけたバーバラのためにすべてはバレ、バーバラが自分の娘で財閥の跡継ぎであることまで母親はしゃべった。ノーマンは再び犬を散歩させる商売に戻った。向こうの街角からバーバラが同じように犬を散歩させながらやって来た。彼女のすぐ後から父親が、その後から母親が、それぞれ自分たちの否を認めて歩いて来た。2人が結ばれたのは勿論のこと。

作品データ

原題
Who's Minding the Store ?
製作年
1963年
製作国
アメリカ
配給
パラマウント
上映時間
90分
製作会社
パラマウント映画

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?