最後のマイ・ウェイ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

最後のマイ・ウェイ

2013年7月20日公開,149分
  • 上映館を探す

1960~1970年代にかけてフランスで人気を博し、フランク・シナトラが歌い世界的なヒットとなった『マイ・ウェイ』を作曲、39歳という若さでこの世を去ったミュージシャン、クロード・フランソワの半生を描く。監督は「いのちの戦場-アルジェリア1959-」「スズメバチ」のフローラン=エミリオ・シリ。「夏時間の庭」「ある子供」のジェレミー・レニエが、時代を先取りするスーパースターを演じる。ほか、「裏切りの闇で眠れ」「ピアニスト」のブノワ・マジメル、「サイレント・ラブ」(未)のモニカ・スカッティーニ、「ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路」「薬指の標本」のマルク・パルペらが出演。

予告編・関連動画

最後のマイ・ウェイ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1939年、エジプト。クロード・フランソワはスエズ運河の通航を管理する父と派手好きな母の間に生まれる。裕福な家庭に育ったが、スエズ運河が国有化され第二次中東戦争が勃発すると父は失職。モナコへ移住した後、クロード(ジェレミー・レニエ)は地元の楽団で働くようになる。それは家計を助けるためであったが、厳しい父は彼の仕事を認めようとはしなかった。クロードは音楽界でめきめきと頭角を現し、スターダムに躍り出る。酒にもドラッグにも手を出さず、自らダンサーに振付をし、歌い、踊る。作詞・作曲の才能を発揮し200もの曲を生みだす一方、プロダクションを立ち上げ、才覚を見せるクロード。そんな彼の成功の裏では、歌手フランス・ギャルとの密愛、大スターへの嫉妬、マスコミ操作、ひた隠しにした息子たちの存在など、傲慢で神経質な面を見せる……。

作品データ

原題
CLOCLO
映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
フランス
配給
カルチュア・パブリッシャーズ
上映時間
149分

[c] Tibo & Anouchka[c] 2011 LGM Cinema - Fleche Productions - 24 C Prod ED - StudioCanal - TF1 - Films Production - Rockworld - JRW Entertainement - Emilio Films [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • rikoriko2255

    3.0
    2013/8/28

    厳格な家庭で育ったからなんだろうね、そういう片鱗があちこちに見える。 神経質だし、完璧主義。 でも、凄いと思う。アイドルスターであり続けることに徹底した努力。 そりゃあ、次男君は可哀想だけど、彼は家族になるべきじゃなくて、仕事のパートナーにするべき人間だね。 そしたらあの徹底さは頼もしいと思う。 なんたってファンサービスが凄いわよね。名前を覚えたり、声を掛けたり。あんなんされたらたまらないだろうなぁ‥ すっごく徹底したプロ根性だと思うわ。 でも、本当に、旦那にはしたくないね。 運河を行く巨大な船を見送るシーンが凄く印象的。 自分は小さくて、未来は、世界は凄く大きくて広いって感じていたんだろうな‥ だから必死で泳いで生きてた感じ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告