HK 変態仮面|MOVIE WALKER PRESS
MENU

HK 変態仮面

2013年4月13日公開,105分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

奇抜なキャラクターや設定で衝撃を呼んだ、あんど慶周のコミック「究極!!変態仮面」を実写映画化。女性用のパンティを被る事で変態パワーを発揮し、悪者を退治する変態仮面の活躍をコミカルに描く。主演は鈴木亮平、監督は『コドモ警察』の福田雄一。また、原作の大ファンだという小栗旬が脚本協力で参加している。

予告編・関連動画

HK 変態仮面

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

紅游高校拳法部員の色丞狂介は転校生の愛子に一目ぼれしてしまう。だが、愛子は銀行強盗に巻き込まれて人質に。覆面を被って、強盗を倒そうとするが、間違って女性用パンティを被ってしまう。その瞬間、ドMの刑事の父親とSMの女王様の母親から受け継いだ変態のDNAが覚醒し、変態仮面に変身。驚異的な力で強盗を退けるのだった。

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2013年
製作国
日本
配給
ティ・ジョイ
上映時間
105分

[c]2013「HENTAI KAMEN」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ごっち

    4.0
    2013/5/14

    この映画を見る時の最初の関門はチケットを買う時だろう
    「映画名を教えてください」
    「す、すいません、へ、変態仮面2枚」
    「変態仮面ですね、〇時〇分から〇番シアターでの上映になります」

    すげー恥ずかしかった(笑)

    さて、映画はかなり原作のテイストを再現してたと思う
    他の人も感じてると思うが主演の鈴木亮平はよくあそこまで変態仮面になり切ったと思う
    彼のおかげでこの映画は80%成功したようなものだ

    話は途中から原作と違うオリジナルストーリーになって行くけど
    数々の名セリフ(おいなりさんとか)や必殺技は原作そのままなので十分ついていける

    予想外のヒットを記録してるらしいので次回作は勧善懲悪の内容にしてほしいと思う

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    元電気メーカー社員

    4.0
    2013/5/5

    こういうの大好き! でも出演者とスタッフの本気度が露骨に画面に出るので怖いジャンルでもある。脚本最高!演技(悪ノリ)も最高! 登場場面は短いものの片瀬那奈のブチ切れ方は見事。ムロツヨシのこれでもかという位のサービス精神には脱帽。とにかく突っ込む暇が無いほど細かくボケる。そして、予告編には登場しない、安田顕の変態ぶり、あれは深い。彼の怪演のおかげで本作が大人の鑑賞にも堪えるセクシャルマイノリティー映画になった。そして鈴木亮平の、鍛え抜かれた肉体だからこそ変態ポーズが洒落になる。
    ただ、ネタの仕込みにエネルギーを使い果たしたか、アクションシーンがやや凡庸だったので減点1.スパイダーマン(映画版)の安直な模倣で終わったカットが少なからずあった点も気になる。次回作に期待したいところ。

    違反報告