その男ゾルバ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

その男ゾルバ

1964年公開,0分
  • 上映館を探す

ニコス・カザンツァキスの同名小説を「エレクトラ」のマイケル・カコヤニスが脚色・製作・監督した文芸ドラマ。撮影はウォルター・ラサリー(この作品で'64 年度アカデミー黒白撮影賞獲得) 、音楽はミキス・テオドラキスが担当した。出演は「訪れ」のアンソニー・クイン、「汚れなき瞳」のアラン・ベイツ、「エレクトラ」のイレーネ・パパス、リラ・ケドロワ(この作品で'64 年度アカデミー助演女優賞を獲得) 、「アメリカ アメリカ」のジョージ・ファウンダスほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

英国の作家バジル( アラン・ベイツ) はゾルバ( アンソニー・クイン) という不敵なギリシャ人に惚れこみ、亡父の遺産である亜炭の山の採掘の現場監督にした。彼はそのとき言った。「私ア、厄病神ですぜ」それはクレタ島にある村にあり、2人はマダム・ホーテンス( リラ・ケドロワ) の経営するホテルに住むことになった。その村には世間とほとんど没交渉の生活をしている未亡人( イレーネ・パパス) がいたが、やがてバジルに心ひかれるようになった。炭鉱管理人の息子パブロは未亡人を想っていたが、未亡人とバジルにできた愛の絆を知り自殺した。彼の父は未亡人を憎み、彼女を殺してしまった。春が来て亜炭の採掘が始まるころ、ホーテンスとゾルバはバジルを連れてマダムの病床にかけつけた。村人たちは彼女の死を今か今かとまちかまえていた。この村では、死者の財産を勝手に奪いとる風習があったからだ。やがて彼女が息をひきとると村人たちが争って何もかも持ち出してしまった。ゾルバは言った。「人生なンてはかないもンさ……」--ケーブルの工事ができあがると、その竣工式と試運転が行なわれることになり、村人たちが集まった。ところがケーブルが切れ、支柱が総倒れになってゾルバの技術とアイデアは失敗した。ゾルバはそれでも泰然と構えて少しもどうじなかった。バジルはどんな逆境、いかなる失敗にもめげないゾルバに心服するのだった。

作品データ

原題
Zorba the Greek
製作年
1964年
製作国
アメリカ
配給
20世紀フォックス
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.6
  • ettam

    4
    2013/9/21

    英国人作家のバジルがクレタ島に向かう船の出発を待つ時、怪しいギリシャ人男性が話しかけて来る。雇ってくれと。この陽気な男を信用して良いものか…。バジルは悩んだ末、雇うことにした。

    女性好きで楽天家、しかし、仕事においては一生懸命で責任感もあり、主体的に考えることもできる。ゾルバのような生き方をしてみたい。ゾルバのような男がギリシャ人気質なのか分からないが憧れる。一方、バジルは女性に対しても自分からはなかなかいけない。ゾルバはバジルに対して女性に積極的にいくように教える。

    女性を失い、バジルの計画していた事業もうまくいかず、陽気に笑い、そしてダンスをするふたり。二人の距離がぐっと近くなったように感じるラストシーンが感動的だ。

    1964年度のアカデミー賞では7部門にノミネート、3部門<助演女優賞・撮影賞(白黒)・美術監督装置賞(白黒)>で受賞した作品だ。ところどころで見せるカメラワークも素晴らしい。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告