続地獄の天使:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
続地獄の天使
続地獄の天使

続地獄の天使

1969年2月11日公開、0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ジェームズ・ゴードン・ホワイトとジョン・ローレンスの脚本をアンソニー・ランザが監督。撮影をマリオ・トッシが、音楽をサイドウォーク・プロで担当している。出演はデニス・ホッパー、ジョディー・マクリー、クリス・ノベルなどTV製作はジョン・ローレンス。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

アメリカの自然に囲まれた静かな町。バイクを駈って、スピードとセックスにおぼれる若者の一団。ダリル(ジョディー・マクリー)は“グローリー・ストンバーズ団”のボスである。恋人のクリスも団員である。2人が会っているところに、ライバル・グループ“ブラック・ソウル団”がやって来た。ボスのチノ(デニス・ホッパー)はクリスに目をつけ、いたずらを始めた。そんな様子をチノの情婦でナイフ使い名手ジョ・アンは嫉妬の目でみつめていた。その場は何ごともなかったが、チノの頭にはクリスのしなやかな肢体がやきつき、すぐ手下をつれ、ダリルとクリスの後を追い、ダリルを倒すと、クリスを奪った。欲望を満たそうとするチノに、ジョ・アンは怒りをぶちまけた。チノはジョ・アンを殴りとばしたが、逆にジョ・アンの熟したテクニックにおぼれていった。一方、ダリルはもとの仲間スマイリーとチノを追った。クリスをめぐって“ブラック・ソウル団”は割れた。団員のマゴーとチノの弟はついに対決し、弟は殺された。それを知ったチノはマゴーを殺した。そこへダリルが来た。死闘が展開された。ジョ・アンはナイフを取り出した。が、彼女のねらいがはずれ、チノの首から血しぶきが上がった。

作品データ

原題
The Glory Stompers
製作年
1967年
製作国
アメリカ
配給
現代映画
上映時間
0分
製作会社
アメリカン・インターナショナル

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?