タイピスト!|MOVIE WALKER PRESS
MENU

タイピスト!

2013年8月17日公開,111分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1950年代のフランスを舞台に、不器用な新米秘書がタイピングの才能を見いだされ、タイプライター早打ち大会に向けて猛特訓を積むサクセス・ストーリー。レトロでポップな1950年代らしさが詰め込まれている。監督は、本作が初長編監督作品となるレジス・ロワンサル。本作で2013年セザール賞新人監督作品賞など5部門にノミネートされた。「ある子供」のデボラ・フランソワが憧れの秘書業に就こうとするがドジばかり踏む女性を、「ハートブレイカー」のロマン・デュリスが彼女のタイピングの才能を伸ばそうと厳しく指導する経営者を演じている。ほか、「アーティスト」のベレニス・ベジョ、「オーケストラ!」のミュウ=ミュウらが出演。

予告編・関連動画

タイピスト!

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1950年代のフランスでは、社会進出しようとする女性たちの間で一番花形の職業は秘書だった。田舎から出てきたローズ(デボラ・フランソワ)もそんな一人で、保険会社を経営するルイ(ロマン・デュリス)の秘書となる。ドジで不器用すぎるため1週間でクビを宣告されるが、ローズにタイピングの才能を見出したルイは、彼女にある提案をする。当時秘書の中で、タイプライター早打ち大会で優勝することはステイタスとなっており、一大競技として人気を誇っていた。ルイはローズと組んで、タイプライター早打ちの世界大会で優勝を目論んでいた。地方予選に出場したローズは、初めて触れる試合の空気に飲み込まれあえなく敗退。ルイは1本指ではなく10本の指を使ったタイピングをするよう矯正し、難解な文学書のタイプやジョギングなどのハードなメニューを課して、ローズを特訓する。その甲斐あって地方予選を1位通過したローズだが、全仏大会には2連覇中の最強の女王が待ち構えていた……

作品データ

原題
POPULAIRE
映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
フランス
配給
ギャガ(提供 ギャガ=コムストック・グループ)
上映時間
111分

[c] 2012 - copyright : Les Productions du Tresor - France 3 Cinema - France 2 Cinema - Mars Films - Wild Bunch - Panache Productions - La Cie Cinematographique - RTBF (Television belge)[c] Photos - Jair Sfez. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.7
  • rikoriko2255

    みとこ

    4.0
    1ヶ月前

    面白かった!スポ根好きは普通に楽しめると思う。

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    4.0
    2013/9/27

    まるで若き日のオードリー・ヘップバーンのようだった。
    タイピングの大会は迫力あっておもしろい。
    わきを固める人たちも、ちゃんとキャラがあって面白かった。

    ルイもローズの才能を見いだせて、すごいって思った。
    駆け引きでくっついたり別れたりもしたけど、やっぱり最後はそうでなくっちゃね。
    イモくさいローズがだんだん輝いていって、きれいになっていく感じがとても素敵だった。

    おしゃれ・かわいい・楽しいっていう映画ですね。

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2013/9/7

    ダダダダッと軽快にタイプを打つ音。音だけで、何か仕事してるなぁと、感じさせてしまうタイプライター。女性が社会に出て働く、とは言え、男社会の従者(=秘書)だが、都会でオフィスワークとなれば、当時ではとってもステータスあることだったのでしょう。

    1本指から10本の指で、連打。
    練習に練習、そしてなぜか体躯会系、ジョギングする(笑)今でこそ、データ入力なんぞ、眼精疲労に、肩こり、職業病だが、いくらキーを打っても、一日中猛特訓なら疲弊です。それ故、体躯会系なのか?

    二人三脚で、タイプ速度をや速め、それに比して、2人の心は近くなる。クリスマスのルイの行為はひどいが、持つべき友人、ベジョこと美しいマリーの行動は頼もしい。

    さて、世界大会。ステレオタイプなお国代用。もちろん主役のフランスはキュートだが、他は皆、引き立て役、アジア人はひどい…
    早く打つことが最も大事だが、紙の出し入れもコツがいるなぁ。タイプライターは誤字脱字も見過ごせない、一発勝負。心の動揺が、すぐ指に反応する。

    色鮮やかで、バービー人形というより、りかちゃん人形のような、愛嬌あるローズ。あれだけpopなんだから、わざわざ脱ぐ必要はなかったでしょう。フレンチ女優には必須なのか。

    タイプライターからPCへ。そしてタッチパネルと変化しているけれど、秘書っていうのだけは、「女性」で変わらんのかね。男性って少ないでしょう?よく考えると差別的職業ではございません?

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2013/9/4

    秘書としては徹底的に無能です。
    タイプ打ててもそれ以上に失敗するし。
    本当に、ルイはお人好しだよなぁ。って思います。
    彼女の為に・・っていいタイミングで姿を消すし。
    そんなんだから前の恋でも失敗するのよね。

    デボラ・フランソワの出演作は今までも何本か見ているけど、可愛いのかそうじゃないのか、微妙だと思っていたのよね。
    今回もそうなんだけど、時々すっごく可愛かった。

    結婚が女の幸せで、職業婦人が定着しきれていない時代に、彼女たちは本当に女性たちの憧れの的だったのでしょうね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    5.0
    2013/9/2

    こんな女性に恋するのは当然!フランス発の洒落てて爽快なロマンチックコメディです。
    1950年代、働く女性の憧れの的がタイピスト&秘書。まだまだ、女性の社会進出の間口が狭かった時代を設定しているところがこの映画のミソです。
    フランスの地方都市の街並み、主人公をはじめ人々の生活や衣装等がレトロモダンにスクリーンを彩ります。そして、よくあれだけのクラシックカーを揃えたものだと驚き!
    田舎の雑貨屋の娘で結婚までも父親に仕切られるドジで不器用で冴えない主人公ローズ(デボラ・フランソワさん)が家出し、度胸と根性と一本指タイピングの技で保険事務所経営者ルイ(ロマン・デュリスさん)の秘書に滑り込?みます。
    ルイは何処か斜に構えたドライなイメージですが、若い頃から何をやっても一番になれず、親兄弟や友達や社会に劣等感を持っています。幼馴染のマリーまで、親友のアメリカ人の妻になっています。
    ルイはローズのタイピング才能に目を付け、タイピストチャンピオンを狙うことにします。ローズを女子寮から大きな自宅に呼び寄せ、プラトニック&ドライな鬼コーチとして徹底的に訓練を施します。
    地方大会、全仏大会を制し世界大会に挑む中で、次第に男女の感情が深まり心身の絆を結ぶのですが、ローズの名声と大企業のバックアップの為にルイは身を引きます。遂に世界大会で、常勝の全米代表と一騎打ちになりますが狡猾なチャンピオンにローズは苦戦。
    そこにルイが駆けつけ、本当の想いを告げて“二人の愛を”再確認。大企業スポンサーの最新タイプを捨てて使い慣れた旧式タイプを持ち込み怒涛の反撃、“アーム絡み”のトラブルを物ともせずに見事世界チャンピオンを勝ち取り、ステージのど真ん中で熱い抱擁を交わします。何と、お洒落でロマンチックで爽快なことか!?
    当時タイプライターの主流はアーム式ですが、ラストシーンでは後の電動タイプの基となるボールヘッド企画の売り込みを対戦米国企業(IBM?)に売り込むというオマケまで描かれています。
    美男美女では無い?主役の二人が、展開と共にどんどん素敵で格好良く魅力的になっていきます。これこそがフランス映画の真骨頂かもしれません。
    ぜひ、パートナーとご覧いただきたい極上作品です。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告