WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常|MOVIE WALKER PRESS
MENU

WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常

2014年5月10日公開,116分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『ロボジー』の矢口史靖監督が、三浦しをんのベストセラー小説を映画化した青春コメディ。染谷将太扮するダメダメな都会育ちの青年が、田舎の町での林業研修プログラムに参加した事で、町の人々とのふれあいを通して、一人前の男に成長していく姿がつづられる。伊藤英明が厳しい先輩、長澤まさみがヒロインを演じる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大学受験に失敗し、彼女にもフラれた勇気は、たまたま見たパンフレットの表紙に写る美女につられ、1年間の林業研修プログラムに参加する事に。ケータイの電波も届かないような田舎で先輩のヨキにしごかれ、何度も逃げ出そうとするが、パンフレットの美女・直紀が村に住んでいると知る。そして、村での生活は彼に変化をもたらす。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
116分

[C]2014「WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜」製作委員会 [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

4.0
  • rikoriko2255

    フジ三太郎

    3.0
    2020/9/6

    公開時に鑑賞、その後、TBSで放映されたのを数年前に見た記憶をもとに。 矢口監督らしいぶっとび感は正直ない。かわりに原作キャラ?達を見事に生き生きと動かしている。主演の染谷も長澤も伊藤英明も、矢口組でやりたそうな面々をそろえており、躍動感は認める。ただ真面目に林業を描いてしまったので、全日空の広報映画となった「ハッピーフライト」と似た味わいになってしまった。要するに原作の映画化であると。精一杯矢口監督が毒を見せたのは、例のマムシの一件と、最後のあの神さまにご利益を貰う優香のコミカルな感じ。優香は矢口監督に気に入られたのか、コメディエンヌ全開。これは優香がこの頃、故・志村けんのコント番組常連だった腕を見込まれての起用と思われる。キャスティングは本当にしっかりしている。伊藤も「海猿」から山猿となり、教官を演じる。そして目を引く(予告にあったが)軽トラを離れた所から追いかけて、最後には飛び乗ってしまう様をトラッキングで追った撮影が凄い。 各パーツを見れば、確かに傑作である。しかし矢口の毒は・・少ない。最新作のミュージカル映画では、再び矢口ワールド炸裂となるので、これはある意味職人技としての耐え忍ぶ、矢口史靖(しのぶ)監督であったと。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    Orca

    5.0
    2014/5/14

    やっぱり長澤まさみさんは映画で映えますね。 観た後の清々しさは良いものです。 春の息吹きの映像は、そのシーンだけを見ていても飽きない。 日本人が忘れてしまった何かを探したくなる映像です。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    4.0
    2014/5/10

    【賛否両論チェック】 賛:ちゃらんぽらんな都会っ子が、田舎暮らしの厳しさと素晴らしさに魅せられて成長していく様子が、笑いも交えながら見事に描かれている。喜怒哀楽いろんな感情を得られる映画。 否:描写こそ皆無だが、“夜の営み”に関するネタは、好みが分かれそうなところ。爬虫類系のシーンもあり。  最初は投げやりだった勇気が、突然荒波の中に放り込まれて、もまれながらも少しずつ成長していく様子が、とっても見事に描かれています。最初は枕を蹴られるまで起きられなかったのに、だんだん蹴られる前に起きられるようになったり、最初は知らん顔をしていたお地蔵さんにも、自分から手を合わせられるようになったり。観ているこちら側も、勇気と一緒にいろんな感情を味わいながら、成長出来そうです(笑)。  〝夜の営み”系のネタは結構多いので、その辺りの好みは分かれそうですが、描写自体は皆無なので、お子様と見ても大丈夫そうです(笑)。笑って泣ける矢口監督ワールドを、是非覗いてみてはいかがでしょうか。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2014/4/22

    大学受験に失敗し、行き場がなく軽い気持ちで参加した林業研修プログラム。 何やってもダメそうな勇気に、そんなところが~~~~。 でも負けず嫌いなのか、なんとか続いていた。 決して手際がいいわけではないが、なんとかこなしていき...............。 笑いがいっぱいあり、成長していく様がよかった。 お祭りの木を降ろすシーンは、ジェットコースターみたくって迫力がありました。 山奥の自然に触れて心が洗われたんだろうか、パンフレットの彼女のおかげか?最後はこのど田舎にどっぷりつかってたね。 っつーか、都会の人間になってたらダメ人間になってたかも??? 自分の居場所を見つけられてよかったね。 そうそう、木ってあんなふうに倒すんですね。初めて知りました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告