ターザンの怒り|MOVIE WALKER PRESS
MENU
ターザンの怒り
ターザンの怒り

ターザンの怒り

1949年10月公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「ターザンの凱歌」「ターザン砂漠へ行く」と同じくソル・レッサーが製作したジョニー・ワイズミュラー主演ターザン映画の1947年作品で、ジョニー・シェフィールド少年とチータが共演する。シェーン役は「雨ぞ降る」等のブレンダ・ジョイスで「聖処女」のパトリシア・モリソン「黄金(1948)」のバートン・マクレーン等が助演。脚本はジェリー・グラスキンとローランド・レイが協力して書卸し「青い部屋」のカート・ニューマンが監督「海賊キッド」のアーチー・スタウトが撮影した。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

平和なターザンのジャングルと、河を隔てたトランガ集落に、アフリカ動物を捕獲して動物園へ売り込むという、白人の狩猟隊が来た。集落の王フアロッドは、動物を1種類につき雌雄1頭を捕えることを許可したが、それでは狩猟隊としては大もうけが出来ない。隊長格の女性狩猟者タニアは、信義を裏切る意志は持たなかったが、支配人のウェアは、フアロッドを倒して王位に即こうと狙っている王の甥オザイラが1頭幾らで無制限に売ろうというのを奇貨として契約する。捕獲の騒ぎにまぎれ王の暗殺に成功したオザイラは、王子スリを池へ突落させるが、転落する途中の岩で気絶する。王位に即いたオザイラは無制限捕獲を公認したので、ターザンは動物共を彼のジャングルに呼び集める。ウェアはターザンが禁じたのにかかわらず、侵入してワナをかけた大々的に捕獲を始める。そしてターザンの重ねての阻止を肯んじない。ターザンは大蛇に狙われているスル王子を助けると、集落民に知らせようとすると、オザイラがウェア等を援助にやって来るのに遭い、ついに象群を呼んで襲撃させる。ウェアもオザイラも因果応報を受け、スリ王子は迎えられて正しい王位に即く。タニアだけは従者と共に象群に踏み殺されるのを脱して、飛行機によってジャングルから飛び去り、ターザン国は平和に戻る。

作品データ

原題
Tarzan and the Huntress
製作年
1947年
製作国
アメリカ
上映時間
0分
製作会社
RKOラジオ映画

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?