愛の渦|MOVIE WALKER PRESS
MENU

愛の渦

2014年3月1日公開,123分
R18+
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime
  • netflix

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

セックスの相手と出会うための乱交パーティに集う人々の姿を描き、第50回岸田國士戯曲賞に輝いた三浦大輔による舞台劇を、三浦自身がメガホンを握り、映画化。親の仕送りで乱交パーティに参加するニートの青年役で池松壮亮が主演を務めるほか、個性豊かなキャストが顔を揃え、劇中の1/4は服を着ていないという過激な作品に挑んだ。

予告編・関連動画

愛の渦

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

東京、六本木の高級マンションの一室で、毎夜深夜0時から朝5時まで開かれている裏風俗店の乱交パーティ。男性は20000円、女性は1000円、カップルは5000円の参加費で、セックスがしたくてたまらないという、フリーター、サラリーマン、OLに保育士といった年齢も職業もバラバラな普通の人々が集まり、“愛のないセックス”が朝まで続く。

作品データ

映倫区分
R18+
製作年
2013年
製作国
日本
配給
クロックワークス
上映時間
123分

[c]2014「映画 愛の渦」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    4.0
    2018/8/31

    演劇ユニット、ポツドールを率いる演出・脚本家の三浦大輔が同ユニットの舞台劇を映画化。乱交パーティーに集まった年齢も肩書きもバラバラな大人達、共通の目的はセックス。そこに至るまでの牽制し合い、緊張感がリアル。池松壮亮が門脇麦とくっつくハッピーエンドが想像出来た訳ではなかったが呼び出しまでされたら期待するからこそショックデカい。現実と欲望の非現実のバランス。朝になりカーテン開けて朝日を入れテレビを付ける辺りはもう終わりってことをアピールする仕事だよなと。とにもかくにも人間の感情描写が良く出来ていて面白かった。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    ma_maru

    5.0
    2014/3/17

    三浦大輔氏の本を映画化した、恋の渦。
    そして、原作者が監督した、今作。

    前作と比較され勝ちではあるが全く別物です。

    ドギツイ設定ではあるものの、
    描いた内容は非常に人間的である今作。
    スケベで何が悪いと開き直るその態度も誰にでもありうるし。
    好きな人と体を重ねたい、という結論だって真っ当だ。

    別に普通じゃん。いい意味で。
    設定やシチュエーションで色物扱いしなくてもいい、と感じた。

    舞台挨拶で監督は、「とにかく役者の一生懸命を感じ取ってください」
    というように、精魂込めて撮ったことが良く分かるエピソードでした。
    シンプルな内容を伝えようとする素敵な作品。

    違反報告