マラヴィータ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

マラヴィータ

2013年11月15日公開,111分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

マーティン・スコセッシ製作総指揮、リュック・ベッソン監督によるユーモアあふれるドラマ。FBIの証人保護プログラムで世界各地を転々とするマフィアとその家族が行く先々でトラブルを巻き起こすさまを描く。一家の主をロバート・デ・ニーロ、妻役をミシェル・ファイファー、FBI捜査官をトミー・リー・ジョーンズが演じるなど豪華キャストが共演。

予告編・関連動画

マラヴィータ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

フランス・ノルマンディー地方の田舎町に引っ越してきたブレイク一家。一見、普通のアメリカ人だが、実は主のフレッドは元マフィアで、家族ともどもFBIの証人保護プログラムで偽名を使い、世界各地を転々としていた。彼らは地元のコミュニティに溶け込もうとするが、昔の血が騒いでトラブルに。さらに彼らを追う殺し屋軍団が現れる。

作品データ

原題
Malavita
映倫区分
PG12
製作年
2013年
製作国
アメリカ フランス
配給
ブロードメディア・スタジオ(提供 ブロードメディア・スタジオ=ハピネット)
上映時間
111分

[c]EUROPACORP-TF1 FILMS PRODUCTION-GRIVE PRODUCTIONS Photo:Jessica Forde [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    monsi

    1.0
    2021/1/17

    いちいち酷く、話に全く興味が持てない。
    もう、これは、、監督が悪い!
    スコセッシ製作総指揮ってまじ!?

    違反報告
  • rikoriko2255

    みるみる

    3.0
    2020/10/22

    リュック・ベッソン監督ってどうしてもハードボイルドアクションなイメージで見ちゃうんですけど違うんですよね。デ・ニーロの貫禄とコメディ要素もあってこちらもそういうシーンはあるけど家族ドラマのような感じ。訳ありマフィア家族それぞれの個性は面白い。周りに馴染もうとして奮闘する姿は滑稽。妻も姉弟もキレやすいけどやっぱり女で子供なんで旦那を思い、辛い恋をして、独り立ちを夢見る。ラストのドンパチはちょっとスカッとしますね。
    マラヴィータは「裏社会」という意味らしい。愛犬のマラヴィータはなかなかの演技派でした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    1.0
    2020/7/29

    これはほんとうに酷い映画でした。

    以下、まったくの想像ですが、プロデューサーがロバート・デ・ニーロらを酒席で接待していて、すっかり酔ったデ・ニーロが口から出まかせで言うことに逆らうこともできないプロデューサーと脚本家が、そっくりそのままヨッパライのタワゴトを撮影してしまったんじゃなかろうか、みたいな感じの、メタメタに破綻した映画でした。

    一から百まで破綻しているので、どこがどう破綻してるか書くまでもないわけですが、一例を挙げるなら、過激で凶悪で犯罪なんか屁でもないというキャラのはずの女房なのに、悪者が襲撃してきたとたん、いきなり弱々しくなっちゃうってのは、ちょっとストーリーが破綻しすぎているんじゃないですかって感じでした。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    3.0
    2013/11/25

    元マフィア一家のお騒がせ事件簿、ギャングコメディーかな~と、タカをくくって観賞。何となくアクション小ネタに終始した感じの不完全燃焼映画でした。
    ロバート・デ・ニーロさんとトミー・リー・ジョーンズの絡みはなかなか味が有ったのですが、妻役ミシェル・ファイファーさんや子供たちが何故に狂暴なのか?マフィアの家族だから?短絡的な親父の影響?4人とも極めて自己中心的な価値判断基準で他人お構いなしの行動に出ます。組織に一家の命が狙われるようになった経緯もチラリで流れてしまいました。
    キャラクターのギャップとアクション一辺倒の刺激映像中心で説明不足気味。「懲りずに、同じパターンで生きていくのですね~」と流してしまう作品です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    4.0
    2013/11/19

    面白コワいですね~。
    かなりきっついシーンもありますが
    作品全体に家族愛が醸し出されていて
    イイ感じにまとめられちゃってます。
    デ・ニーロの超キレキレ親父はもちろんのこと
    家族全員がかなりの恐さ・・・
    娘も息子も絶対に敵にしたくないですよね。
    ミシェル・ファイファーもいい感じに熟女になり
    一家をまとめるお母ちゃんになってます。
    リュック・ベッソン久しぶりの痛快監督作品ですね。
    そうそう、トミー・リー・ジョーンズがシブかった。

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2013/11/18

    マフィアと言っても、彼がN.Y.を仕切っていた頃は、治安改善、規律の整った地域であり、とても住みやすそう。マフィアが牛耳って、市民を苦しめるっていう風潮は遠く及ばず。

    さて、フランスである。パリでも南仏でもない。(これがフランスに対する外国人ステレオタイプ思考)ノルマンディー地方、せめてモン・サンミッシェルくらいのショットがあれば良いのだが。なーんも、ないっすね。ないどころか、バターやクリーム云々という食事内容を言っているが、フランスならパン屋、映像にないぜ?
    しかもマルシェではなく、スーパーでお買い物。

    家族、皆キレやすい。理不尽なことをされた故の制裁。流血必須。何もそこまでとは思いつつ、胸がスッとする(笑)2/3は日常の出来事に対して、新生活に対しての順応あれこれ。
    最後1/3、マフィア一家の宿命と言うんでしょうか。銃の扱いは子供だって知ってなければ、いかんのである。
    しかし、マフィアって外見で一目瞭然。しかも1人でないので目立ちます。姉弟のマフィアに対してのドンパチも親譲りでしょう。ナイス!

    現場、楽しそ~♪producerのスコセッシを映画に盛り込んでるしね。
    デ・ニーロ、インタビューで「マフィアをよく知っている」等。そりゃ、その手の作品に数多く出演し、秀でた演技だが、考えてみれば、恐ろしい発言です。

    とにかくこの一家、味方にはつけたい。
    ちなみに、数学教師大丈夫ですかね。
    そして映画全体としては、もう少しフランス語を盛り込んだ方が宜しかったな。

    違反報告
  • rikoriko2255

    KI-ki

    4.0
    2013/11/3

    ジャパンプレミアと先行上映、参加しました。
    憧れのロバート・デ・ニーロにサイン貰えて、わくわく楽しい気分で観たせいもあるけど…
    とにかく楽しかった♪
    この、ありえない強いファミリー!
    リュック・ベッソン遊びすぎ!

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2013/10/22

    元マフィアのパパの影響でかなり好戦的なファミリー。
    金髪美人で直情型で目立つ姉と、地味でチビだけど策士な弟が凄く仲が良いのが微笑ましい。
    気に入らないと売り物を即席で使って爆発させちゃうママも、普通に子供たちを愛していて、家族を守ろうとしていて、近所に溶け込もうと努力しているところが健気。

    映画鑑賞討論会や、くすくす笑いたくなるシーンも沢山だけど、家族愛やベルの恋なんかちょっと切なくなったりする。

    それに、いつも家族を守る為に監視しているFBIの二人が、いい味出してるの。
    盗聴しながら家族を応援したり、笑ったり、怒ったり。

    彼らはいつか落ち着いて幸せになれるのかしら・・ね?

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告