THE ICEMAN 氷の処刑人|MOVIE WALKER PRESS
MENU

THE ICEMAN 氷の処刑人

2013年11月9日公開,106分
R15+
  • 上映館を探す

86年に逮捕されるまで、約20年の間に100人以上もの人々を死に至らしめた実在の殺し屋、リチャード・ククリンスキーに迫るサスペンス。妻子には家庭的な父親として接しながら、裏では殺し屋として犯罪を繰り返してきた男の心の闇に迫る。『マン・オブ・スティール』のマイケル・シャノンが二面性を持つ主人公を熱演する。

予告編・関連動画

THE ICEMAN 氷の処刑人

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

妻子のために工場勤めから、ギャングのロイ専属のヒットマンとなったククリンスキー。表向きは為替ディーラーと称し、殺し屋稼業を続けるものの、ロイとの関係に亀裂が入り、公園でアイスクリームを売る殺し屋ミスター・フリージーに仕事を紹介してもらうことに。その後、マフィアとの関係はさらに悪化し、家族に危険が迫る。

作品データ

原題
The Iceman
映倫区分
R15+
製作年
2012年
製作国
アメリカ
配給
日活
上映時間
106分

[c]2012 KILLER PRODUCTIONS, INC. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.3
  • 林檎兄さん

    5
    2013/11/18

    主人公の家族への想いが唯一で全て❗️❗️
    ラストシーンの言葉がグッとくるぜー。
    オトコだったら必ず観るべし❗️❗️❗️

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • kiona

    3
    2013/11/14

    家族思いの父親, 表向きの職業はいろいろ取り繕うが, 実は殺し屋だった。しかも実話ということで, これは面白そうと思ったが, 見てみるとイマイチ。マイケル・シャノンはがんばっているが, 脚色が冴えない。ポイントが絞り込めていない, 流れが整理されてない。。せっかくの題材が惜しいことになっている。

    時代は70年代, この男のキモの座った態度と実務遂行能力は地元のマフィアに見出され, 以降, 男は依頼を受けて人を殺し, 稼ぐ。男は妻と二人の娘を何より大切にし, 彼女たちの前ではカタギを装っている。しかし80年代に入ると稼業は悪いほうに傾き, 立て直せないまま, 妻の望んだ一軒家購入を前にして破綻する。'86年に逮捕され, 2006年に刑務所で他界。二度と家族に会うことはなかった・・ この哀れさは何とも言いがたいが, そんな男を生み出した社会構造にメスが入るわけでも, 男個人の欠落が掘り下げられるわけでもない。

    しいて言えば多少身につまされるのは, 受注産業の悲しさか。いくら腕の立つ冷徹な殺し屋でも, 依頼がないことには始まらない。別の殺し屋とパートナーを組んでみたり, 競合他組織からの依頼も背に腹は代えられない。クライアントあっての仕事につく者は大なり小なり共感できる部分か。

    小さな依頼を積み重ねて100人殺したとしても, ドカンと桁違いの大量虐殺を行う戦争ビジネスとはスケールが違うなと, ついつい自虐的に見てしまう。良くも悪くも不出来な作品ではあるが, 見方によっては楽しめる。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • コウイチセブン

    3
    2013/10/26

    殺し屋と家族を大切にするファミリーマンの二重生活を続けるのって大変ですよね~~(^_^;)そうした男の心の闇を見事に演じきる主演俳優マイケル シャノンは凄いです!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告