グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札|MOVIE WALKER PRESS
MENU

グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札

2014年10月18日公開,103分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

気品に満ちた風貌はもちろん、『喝采』でアカデミー賞主演女優賞に輝くなど、ハリウッドのトップスターだった名女優グレース・ケリー。モナコ公妃となり、表舞台から姿を消した彼女が、国の運命を左右する重大な任務に携わっていたという知られざるエピソードを映画化した、二コール・キッドマン主演によるヒューマンドラマ。

予告編・関連動画

グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

モナコのレーニエ公と結婚したグレース・ケリー。結婚式から6年が経ったものの、グレースはいまだに宮殿のしきたりに馴染めずにいた。そんなある日、フランスのシャルル・ド・ゴール大統領がモナコに過酷な課税を強要。承諾しなければフランス領にするという声明を発表。グレースは国の危機に瀕し、自分にしかできない秘策を打つ。

作品データ

原題
GRACE OF MONACO
映倫区分
G
製作年
2013年
製作国
フランス
配給
ギャガ
上映時間
103分

[C]2014 STONE ANGELS SAS [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    YO99

    4.0
    2014/11/10

    カミさん同伴で観賞。
    とにかく美しい映像の連続でウットリしました。
    ニコールさんの美しさ、衣装・調度品・セット・風景等々の豪華さと美しさ。これだけで観る価値はあります。
    白黒実映像を織り込みながらの展開は、どこまでが史実でどこまでがフィクションか、見分けがつかないほどリアリティに富んだ作品です。オナシス、マリアカラス、ドゴール、ヒッチコック等々有名人が登場しますが、見た目よりも、イメージというか雰囲気が酷似していて感心しました。
    フィクションだとしても「伝記」と信じたくなる出来栄えです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    2.0
    2014/11/8

    あまりに美しく、ゴージャスでシンデレラストーリー。こんなに完璧で、女優にとって演じ甲斐あるんでしょうか。N.キッドマンも綺麗だが、クールbeautyの代名詞のG.ケリーを演じるのは重圧。しかも王妃前はオスカー女優。美貌を保ち、オスカー女優以外の人は演じられない。年齢も考慮してN.キッドマンしかいないかも。でもこういう役って出演作では目立たない。

    小国故、苦労も多かったのだな。モナコはお金持ちの国っていうイメージが大なのだがフランスあり、ゆえにモナコありって感じ。カジノだけではモナコ市民は生活が成り立たん。とは言っても、現在でもモナコはやはりゆとりある国でしょう。住民より警官の方が多かったりして!?街中手信号を行う警官多し。そもそも本来の住人は何割程度なのか。
    第2の家としての外国人が多いでしょう。

    話が逸れた。
    苦悩と言えど、観客からはそうそう共感が得られにくそう。市民のサポートを得るために、マルシェで自ら手伝う行為もあるが、頻繁にないとねー。まぁ某国では見学だけってこともあるからな。絵空事というか、実在人物なのになんだかファンタジー。G.ケリーの最後もあーとは思いつつ、仕方ない感もある。それだけ別世界ってこと。

    キッドマンが身に着けていた革のグローブは素敵。

    違反報告
  • rikoriko2255

    keicyacom

    4.0
    2014/11/8

    前半は、外国人が王室に嫁ぐ苦労が描かれ、後半は、モナコが直面する困難に立ち向かう王妃の姿が描かれている。実話に基づくフィクションというテロップが最初に流れるので、どこまでが真実で、どこまでが作られた物語なのかはわからないが、最後にはグレースケリーの思いと努力、そして、演技力が人を動かしていくのがわかる。よい作品だと思います。

    違反報告
  • rikoriko2255

    Orca

    5.0
    2014/11/1

    シンデレラストーリーって、こんな苦労もあるのかなと、妙に納得出来る映画です。
    Real love is obligationと言う台詞が最期まで耳から離れない素晴らしい映画だと思います。

    違反報告
  • rikoriko2255

    Sibyl

    4.0
    2014/11/1

    恥ずかしながらグレース・ケリーという女優さんのことはまったく知らず、歴史的背景も何の予備知識もないまま観たので若干退屈なところはありましたが、愛を信じ貫き通した彼女の姿には心打たれました。

    ニコール・キッドマンの美しさは本当に溜息ものです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    KI-ki

    4.0
    2014/10/25

    確かに、言葉でモナコを救ったグレース・ケリー
    それはハリウッドでの女優としての輝かしい過去があってこそ
    アカデミー賞、人気絶頂での引退、錚々たる友人達、すべては彼女のカリスマ性
    そしてそれは、選ばれた一握り人間
    そしてそれは、親しみをも持ちあわせる
    女優とは凄い存在だ

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    5.0
    2014/10/24

    【賛否両論チェック】
    賛:愛する家族や国を守るために奔走する主人公の姿に感動。夫との関係の修復や裏切りのサスペンスなど、様々な要素を体感出来るのも素晴らしい。
    否:フィクション的な要素も多いので、史実を忠実に知りたい人にはオススメではない。

     公妃という難しい立場にありながら、愛する家族や愛すべき国民を守るために、身を粉にして奮闘するグレースの姿に、戦う女性の雄姿を垣間見ます。当初は仕事のことしか頭になかった夫も、そうしたグレースを見る度に、少しずつ愛を取り戻していく様子もステキです。また、登場人物の中の誰が裏切り者なのかという、ハラハラのサスペンスも楽しめる作りになっています。 
     フィクション的な要素は結構強いかとは思いますが、大切な家族とご一緒に、是非ご覧になっていただきたい作品です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    4.0
    2014/10/23

    1962年キューバ危機で揺れるアメリカとは別に、フランスによるモナコへの「侵攻」が画策されていた。いやあ知りませんでした。
    遅まきながら、モナコ及びグレース・ケリーに関し、調べてみました。モナコは、もともと軍事・外交共にフランスに依存し、保護国のようになっていたこと。タックス・ヘブンを利用して、世界中から金持ちを集めていたことは知っていましたが、課税したいフランスとは一瞬即発の危機があったのですね。
    それを救ったのがグレース公妃ということになる訳ですが・・・。ううむ、にわか歴史ファンとしては、何よりマクナマラアメリカ国防長官やドゴール大統領が出てくるのが嬉しいし、また映画好きなら神とも言えるヒッチコックのお姿を拝見できることだけでも嬉しいです。
    もちろんニコールに関しては、その美貌が十分生かされているのは言うまでもなく、フランス語に苦労するところが、オーストラリア出身でおそらく英語(米語)に苦労したであろう実生活とダブって面白い。
    今、日本の女性政治家に望む姿を見るのは、うがち過ぎでしょうか。

    違反報告
  • rikoriko2255

    kin_chan

    5.0
    2014/10/20

    タックスヘイブンの国モナコ。しかし、国の財政を維持するために国内に籍を置く企業に課税をすることを決断。
    隣国フランスが猛反発。独裁者ドゴールが戦車を入れると脅す。

    独立の危機に瀕したモナコを救ったのは、グレース・ケリーの言葉だった。
    国家の主権は、いかなる大国といえども、侵さざるべきものです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2014/10/19

    ムービースター好きとしては、最後の舞踏会へのレーニエとグレース登場シーンが好きだなぁ。
    プレミアイベントのファンサービスみたいで。

    カメラマンへの対応、ファンへのサインの後、レーニエの元に戻る。その間温かく見守るレーニエ。
    凄く素敵だった。
    ドレスも凄く素敵だったし。
    境界線に差し入れに行く時とかも凄く素敵なドレスだったし。
    そしてニコールがまた似合うんだ。
    一度だけ彼女に会ったととあるけど、細長いって印象だった。
    だけど、この役ではそれだけじゃあ無かった。後姿が凄く綺麗だし。

    どんなに素敵な相手でも、公妃になるのは躊躇すると思う。後戻りできないもんね。
    我が国の公妃の事を考えちゃうわね。気の毒に…

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    3.0
    2014/10/18

    幼い頃にテレビで「上流社会」見て以来、女優ではグレース・ケリーが一番好き。
    彼女を描いた作品ということで、楽しみに出かけた。

    当時を再現する数々のドレス、そしてきらびやかな宝石には一見の価値あり。

    銀幕に復帰することなく謎の死を遂げてしまった彼女だが、きっと実生活でも天晴れな女性だったのだろう。

    違反報告