太平洋機動作戦|MOVIE WALKER PRESS
MENU

太平洋機動作戦

1959年10月29日公開,0分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

第2次大戦に活躍したアメリカ潜水艦を描く戦争映画。脚本を監督ジョージ・ワグナーが書き下ろした。撮影はバート・グレノン、音楽はベテランのマックス・スタイナー。出演は「騎兵隊」のジョン・ウェイン、「群集の中の一つの顔」のパトリシア・ニール、「リオ・ブラボー」のワード・ボンド、他にフィリップ・ケイリー、ポール・ピサーニ、ウィリアム・キャンベル、キャスリン・ギヴニー、マーティン・ミルナー、クリフ・クラーク、ジャック・ペニック。製作ルイス・エデルマン。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1943年、アメリカ潜水艦サンダーフィッシュ号は、南海の孤島に残された5人の子供と2人の修道尼を救出した。一行はデューク・ギフォード少佐(ジョン・ウェイン)の指揮のもとに救命ボートから本艦に移され、真珠湾に向かった。デュークは一行の中の産後母に死なれた赤ん坊の名付親になった。真珠湾について病院に様子をみに行き、そこで彼と離婚して今は看護婦になっているメアリー・スチュアート中尉に会った。彼等の離婚の理由はデュークが職務に熱心のあまり家庭をかえりみない点だった。その夜のデイトに彼女を誘うと、艦長“ペリイ親父”の弟ジョン・ペリイ中尉と先約があると断られた。ジョンはメアリーに求婚していた。が、デュークに逢って返事にまよった。海上哨戒に出かけたサンダーフィツシュ号は、洋上で日本軍輸送船と相偶した。魚雷は故障で不発、浮上して機銃戦となった。その時、弾にあたった“親父”は潜水艦を救うため、自分を艦外においたまま潜航を命じた。輸送船は沈没した。基地に戻り、査問委員会に付された。が、デュークの処置に誤りはなかった。ジョンは兄を殺したと彼を憎んだ。やさしく彼を慰めるメアリーにも冷たくあたるデュークに、彼女の心はまた硬化した。不発魚雷の原因解明の命が下り、苦心の結果、見事に故障を解決した。改良魚雷を積んでサンダーフィッシュ号は比島沖に出撃した。そこで見事に日本艦隊を捕捉し、味方に多大の戦果を与えた。その後味方の不時着した飛行士の救助にあたり、偶然ジョンを救出した。今は誤解もとけ、ジョンは彼の友情に感謝した。サンダーフィッシュ号は任務を終えて真珠湾に帰って来た。岸壁にはメアリーが待っていた。例の赤ん坊をひきとり、2人は再出発することにした。

作品データ

原題
Operation Pacific
製作年
1951年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?