大統領の執事の涙|MOVIE WALKER PRESS
MENU

大統領の執事の涙

2014年2月15日公開,132分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

奴隷から大統領の執事にまで上り詰め、30年もの間、ホワイトハウスで過ごし、7人の大統領に仕えた黒人男性と彼の家族の姿をつづる、フォレスト・ウィテカー主演のヒューマンドラマ。34年間、ホワイトハウスに勤め、トルーマンからレーガンまで8人の大統領に仕えた実在の黒人執事ユージン・アレンがモデルになっている。

予告編・関連動画

大統領の執事の涙

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

綿花畑の奴隷として生まれたセシルは、ひとりで生きていくために見習いからホテルのボーイとなり、やがて大統領の執事にスカウトされる。夫の仕事に理解を示す妻に対し、長男は白人に仕えるという事を恥じ、反政府運動に身を投じるように。一方、次男は兄とは逆に国のために戦う事を選び、ベトナム戦争へ志願し、戦場へ向かう。

作品データ

原題
LEE DANIELS' THE BUTLER
映倫区分
G
製作年
2013年
製作国
アメリカ
配給
アスミック・エース(提供 カルチュア・パブリッシャーズ)
上映時間
132分

[c]2013, Butler Films, LLC. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.6
  • rikoriko2255

    くんくん

    4.3
    2020/4/24

    執事として使えること、人権活動をすること。 やりたいことを親に認めてもらうこと。 心の奥底が見えないほうがいいこともある。 人権を獲得することの大切さがわかりました。 理解しあうということが難しいことだと感じました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2014/4/14

    アフリカン・アメリカ人、セシルが大統領執事として仕えた時代は、自分たちの立場に改革を起こす時が度々あった。 アフリカから奴隷として連れられ、人間とも思わぬ扱いを受け、生きるために歯を食いしばる人々がいた。 ホワイトハウスでの執務。全てはそこにスカウトされる前の下積みのおかげだ。相手が何をして欲しいか。3歩先を読む。 ホワイトハウスとはいえ、何より大事なのは政治に関わるな。あの時代、最も訴えたい相手が目の前にいるのに、最も遠い所にいた。 それが、息子にはわからない。 母が息子を引っぱたいた時、言い放った言葉が、セシルの生活第一優先事項だ。 それにしてもいろんな大統領がいたものだ。 アーティスティックなアイゼンハワー、スターのJFK、人間臭いニクソン、エコよろしくジョンソン(今の時代なら、ぜひ彼にウォシュレットを!)穏やかな人情派レーガン。 大国の舵を取る人間の発言は世界を変える。歴史を刻む。その人間の裏表を知る者は本当にごく一部。 セシルの家をみると標準的な生活だ。それでも長年勤務しても昇給しないのは、やはり差別。レーガンが話の分かる人物で良かった。 O.ウィンフリーが迫力。肝っ玉母さんというか、存在感が半端ない。 執事仲間のcastingが良い。 しかし、セシルがゲストとして席に着いた時、皆、仮面をつけて仕事している感。自分もそうなのである。それがプロなのか、あるいは、そうしなければ反発を抑えられないか。ここは他人をみて我が身を思う大事なシーンだ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2014/3/6

     まず、当時の差別や偏見の描写が極めてリアルで、改めて衝撃を受けます。そんな社会にあって、プライドを持って白人大統領達に仕えた主人公の心の強さに、感動覚えます。  話としてはやや長くて、最後の無理やりオバマ大統領につなげる辺りは、多少蛇足感は否めませんでしたが、“人間としての尊厳”と同時に、“家族愛”というテーマも考えることの出来る、ステキな作品です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    4.0
    2014/2/22

    アメリカの人種差別と、差別解消に向けて取り組んだ人々とその家族の思いが描かれている。有色人種へのどんな差別だったのかを最近になって他の映画で描かれているのを時々見るけれど、「危険だからやめてくれ」という家族の思いをしっかり描いている作品は初めて見た気がする。 この種の映画を作ると危険なことがあったりはしないのだろうか。 何にせよ、邦題から淡々とホワイトハウスの日常を描いた作品かとと思ってたら、とんでもない。 力作だった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    4.0
    2014/2/20

    想像していた内容とは正直違いました。 7人の歴代の大統領に仕えた執事が 大統領との親交で得たもっとほのぼのとした エピソードが作品の主題なのかと思っていました。 そうじゃなくって、家族の繋がり、 黒人が受けてきた差別に対する闘い、 公民権運動による黒人の人権奪還など アメリカの歴史をまざまざと見せつけられる作品でした。 フォレスト・ウィテカーの演技が秀逸で やっぱこの俳優の上手さ、渋さを再確認しました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2014/2/16

    アメリカが激動する時代に、人種差別の壁と共に生き、その変動を一番身近で見て来た黒人の一人。 それが大統領執事のセシル。 さておき、大統領陣が兎に角豪華。ケネディのジェームズ・マースデンは嬉しいなぁ。 そしてショックよね。 自分の道を見つけ、それでもポリシーは失わず突き進んだ長男ルイスは立派だけど、父の農園時代の苦悩を知らない。 社会に認められた父と、立派な家と仲間。 目の前で理不尽な仕打ちを受け、生きる道を探さなくてはいけなかった父に比べたら、やっぱり甘ちゃんなんだと思う。 でも、そう言う父の時代が有り、息子たちの時代が有り、そうやって少しずつ社会は変わったんだな。 息子が父とお無苦労をする必要はないし、させないために父たちは頑張ったんだろうし。 息子もまた、違う位置で移り変わる時代を身近に体感して生きたんだよね。 次男君もね。 そして現在に至る。 凄い変動の時代だったね。快挙だったね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2014/2/10

    日本人にはあまり縁のない人種差別のようだが、大なり小なりこのようなことはどこにもありうる。 ただアメリカの白人と黒人の人種差別は特別だったわけで........................。 こういう映画を観ると、白人と黒人の人種差別ってすごかったんだな~ぁと!! ある意味黒人ってすごいって思っちゃう!! オバマ大統領の誕生は黒人にとってはありえないって思うほどの出来事だったんですね。 今回はちょっと真面目すぎちゃって、地味目な仕上がりになってた気がしたけど、大きな組織に仕えた、一つの小さな家族の物語って感じで、最後は温かみがありました。 そうそう、セシルの奥さんが見てたTV番組、SOUL TRAINだったや~ん。懐かしかった~ぁ。 っつーか、奥さんが用意した服、今からSOULダンスでも踊るかのようなペアルックで笑えた。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告