大人ドロップ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

大人ドロップ

2014年4月4日公開,119分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

芥川賞候補にもなった樋口直哉の同名小説を池松壮亮、橋本愛ら期待の若手俳優の共演で映画化したほろ苦い青春ドラマ。高校3年生となり、少しずつ大人への階段を上っていく男女のひと夏の物語をみずみずしい映像とともにつづる。『色即ぜねれいしょん』で注目を浴びた渡辺大知も出演し、彼のバンド、黒猫チェルシーが主題歌を務める。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

高校3年生の浅井は夏休みの直前、親友のハジメに頼まれ、彼が想いを寄せる杏とのデートをセッティングするも、彼女を怒らせてしまう。結局、仲直りできずに夏休みを迎えた浅井は、杏が学校を辞めて、遠くに引っ越してしまう事を知る。ある日、女友達のハルから恋愛相談をされ、彼の中のモヤモヤした気持ちはさらにふくらんでいく。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
日本
配給
東宝映像事業部
上映時間
119分

[c]2014 樋口直哉・小学館/「大人ドロップ」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2014/4/26

    【賛否両論チェック】
    賛:高校生特有の、好きな人に素直になれない恋心を見事に体現。共感出来る人・感情移入出来る人は多いはず。
    否:恋愛映画に興味のない人が観ると、むず痒いだけで終わってしまいそう。台詞がやや小説口調だったり、微妙な場面でのラブシーンもあり。

     高校生特有の素直になれない感情を、見事に体現しています。そしてラストは、「おー、そう来ましたか!」っていう感じです。由とお調子者の始との丁々発止のやりとりは、まあ好みが分かれそうなところではありますが、高校生なら誰でも感情移入出来そうなテーマなので、共感はかなり得られそうです。
     微妙なラブシーンもありますが、忘れかけたあの頃を思い出したい方に、是非オススメです。

    違反報告