楊家将 烈士七兄弟の伝説:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
楊家将 烈士七兄弟の伝説
楊家将 烈士七兄弟の伝説

楊家将 烈士七兄弟の伝説

2013年12月14日公開、102分、歴史
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

中国の歴史小説『楊家将』を「SPIRIT」のロニー・ユー監督が映画化。宋王朝時代を舞台に、敵国から皇帝を守る名将・楊業と七人の息子たちの宿命を描く。出演は「処刑剣 14 BLADES」のウーズン、「一万年愛してる」のヴィック・チョウ、「風雲 ストームライダース」のイーキン・チェン、「ガンメン 狼たちのバラッド」のアダム・チェン。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

宋王朝の時代。皇帝を守る忠臣で楊一族の家長・楊業(アダム・チェン)は、類稀なる才能で百戦錬磨、「楊無敵」と呼ばれ、国家に多大なる貢献をした名将であったが、年老いた身を悟り自分の七人の息子に自らの栄誉を継がせ、自分は退くべきだと考えていた。そんな中、北から侵攻してきた敵国・遼を討つため、先陣を任される楊業。遼の指揮官は、かつて楊業が打ち破った将軍の息子・耶律原だった。出陣した楊業率いる先鋒隊は、敵の奇襲、そして楊業を逆恨みする宋の指揮官・潘仁美の裏切りで多くの兵を失い、ついには楊業が毒矢で負傷し窮地に追い込まれる。そのことを知った楊業の七人の息子たちは、何があっても父を連れ帰ると母に誓い、圧倒的に不利な戦場へと赴く。「七子行き六子戻る」という御託宣を受けていた母だったが、息子たちの決意を止めることはできなかった。長男・楊延平(イーキン・チェン)、次男・楊延定(ユー・ボー)、三男・楊延安(ヴィック・チョウ)、四男・楊延輝(リー・チェン)、五男・楊延徳(レイモンド・ラム)、六男・楊延昭(ウーズン)七男・楊延嗣(フー・シンボー)は父と合流するも、それを待っていたかのような襲撃に遭う。瀕死の父を背負い、息子たちは命がけで母のもとを目指すが……。

作品データ

原題
忠烈楊家將
製作年
2013年
製作国
中国=香港
配給
ツイン
上映時間
102分
製作会社
Pegasus Motion Pictures Production
ジャンル
歴史

[c]2013 Pegasus Motion Pictures (Hong Kong) Ltd. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?