ジョバンニの島|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ジョバンニの島

2014年2月22日公開,102分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

終戦後の北方四島で起きた実話を基に、幼い兄弟に降りかかる過酷な運命を描き出した感動アニメ。『攻殻機動隊』シリーズなどで知られるスタジオ、Production I.Gがアニメーション制作を担当し、クオリティの高い映像で物語がつづられる。原作・脚本を手がけたのは「北の国から」シリーズの演出で知られる杉田成道。

予告編・関連動画

ジョバンニの島

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1945年、10歳の淳平と7歳の寛太は、父親の辰夫や祖父の源三とともに、北方四島のひとつである色丹島で暮らしている。ところが、第2次世界大戦が終結するや、島にソ連軍が進駐し、島民たちは不安にさいなまれるようになる。そして、幼い兄弟も家族と離れ離れになってしまう。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
日本
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
102分

[c]JAME [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.3
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2014/2/27

     クスッと笑えるシーンもありますが、全体的に雰囲気はかなり重いです。戦争の悲劇が、赤裸々につづられています。そんな中でも、必死に生きようとする兄弟の姿が、感動を誘います。  また、日本音楽事業者協会創立50周年記念作品なので、綺麗な音楽も随所に感じることが出来ます。  テーマは重いですが、大人向けのアニメとして、是非オススメしたい作品です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    さっちょ

    4.0
    2014/2/26

    日本音楽事業者協会創立50周年記念作品ということで、「赤とんぼ」などの名曲が歌われていました。音楽は国境も言語の相違も越えて誰の心にも響くということを感じました。 また、実話をもとにしたということで、第二次世界大戦集結直後のソ連軍の進駐によって引き起こされる島民たちの過酷な状況がとてもよく描かれていたと思います。想像していた程ソ連の人達は残忍でなく人命を尊重しているような気もしました。 悲劇的な内容も宮沢賢治の名作「銀河鉄道の夜」を引用していることで緩和されたのも見事です。 クオリティの高いアニメ映像もストーリーも声優キャストの声も素晴らしく、祖父・源三役が北島三郎さんとはわからない程でした。 絶対に戦争はダメです。侵略ももちろん。今他国との領土問題が大きく話題となっていますが、平和的解決を心から願っています。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    じぇふりぃちゅうぶ

    5.0
    2014/2/23

    日本の敗戦直後のお話と言う事で、樺太の真岡郵便局とか占守島の戦いは知っていましたが、この史実は知りませんでした。 非常に限定的な公開ですが、観ていて感動してしまいました。まだ2月ですが、今年これまでに観た映画(40本位)の中でベストワンです。 素晴らしいのは美術。今までの日本のアニメには無い物。パンフを読むと日本人ではない人が美術監督だそうで、納得。 次に脚本が優れている。ストーリーの流れが整理されていて、とても観易い。無駄なシーンが無い。 最後に声優。ベテランの役者さんは出来て当然ですが、普段役者ではない人も良い感じ。特に良いのは、主人公の兄弟が子役だと言う事。子役の声優は、演技指導が非常に難しい。収録に2ヶ月もかかったとの事ですが、子供の声でキチンとした演技をしている事は、素晴らしい。 日本の敗戦後にこんな事が有りました!と言う事を知らしめる意味でも、この映画はイチオシです。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    5.0
    2014/2/22

    新宿ピカデリーで初日一回目を鑑賞。ガラガラでした。北方四島で戦後どのようなことが起きたのか殆ど知らなかった私としては、映画鑑賞後、北方領土返還問題が重要であることを痛感しました。実話がモチーフということもあり、主人公兄弟の絆と父への想いに号泣し、エンドロールのさだまさし作詞作曲の歌に余韻を感じて満足の時間を過ごしました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告