なみのおと|MOVIE WALKER PRESS
MENU

なみのおと

2013年11月9日公開,142分
  • 上映館を探す

2011年の東日本大震災で津波の被害を受けた三陸沿岸部に暮らす人々の“対話”を収めたドキュメンタリー。姉妹、夫婦、消防団仲間など、親しい人同士が震災について対話し、そこから生まれる人々の“感情”を映像に残すことで、当事者の記憶を伝える。酒井耕、濱口竜介(「親密さ」)監督による東北記録映画3部作の第1部。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

始まりは岩手県田老町の女性によって読まれる昭和8年3月3日の大津波の紙芝居。気仙沼、南三陸、石巻、東松島、新地町と南下しながら、消防団員や市議会議員、夫婦、姉妹など親しい者同士および監督との対話が行われる。津波の恐ろしさや悲惨さと復興への強い思いが入り混じったその声には、聞き手の存在によってこそ生まれる情感、現実感があり、未来へ伝えるべき貴重な価値を秘めている。移動の間に朗読される昭和8年の津波被害を記録した山口弥一郎のテクストや紙芝居、土地の風景や音。それとともに描かれるのは、何度も津波に襲われた歴史を持つ三陸の姿と、それでもそこに住み続ける人々の意志。それらを通じて、“故郷とは何か”という問いが必然的に生じる。土地の記憶を切断してしまった出来事を語り継ぐ言葉のひとつひとつが、その答えなのかもしれない。

作品データ

製作年
2011年
製作国
日本
配給
SilentVoice
上映時間
142分

[c]SilentVoice [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?