さよなら、アドルフ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
さよなら、アドルフ

さよなら、アドルフ

2014年1月11日公開、109分、戦争
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

レイチェル・シーファーの小説『暗闇のなかで』を映画化。終戦後のドイツを舞台に、ナチ親衛隊高官の子供たちが直面する過酷な運命を描く人間ドラマ。監督・脚本は、「15歳のダイアリー」のケイト・ショートランド。出演は、新星ザスキア・ローゼンダール。2013年アカデミー賞外国語映画賞オーストラリア代表作品。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

さよなら、アドルフ

予告編

2013/12/19(木)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1945年春、敗戦後のドイツ。ナチ親衛隊の高官だった父(ハンス=ヨッヘン・ヴァーグナー)と母(ウルシーナ・ラルディ)が、連合軍に拘束される。置き去りにされた14歳の少女ローレ(ザスキア・ローゼンダール)は、幼い妹、弟たちを連れ、900キロ離れた祖母の家を目指す。終戦を境に何もかも変わってしまったドイツでは、ナチの身内に対する世間の風当たりは冷たく、たとえ子供であっても救いの手を差し伸べる者はいなかった。そんな中ローレは、ナチがユダヤ人にしてきた残虐行為を初めて知る。さらに、ローレたちを助けてくれるユダヤ人青年トーマス(カイ・マリーナ)が旅に加わり、ローレがこれまで信じてきた価値観やアイデンティティが揺らぎ始める……。

作品データ

原題
LORE
映倫区分
PG12
製作年
2012年
製作国
オーストラリア=ドイツ =イギリス
配給
キノフィルムズ
上映時間
109分
製作会社
Rohfilm=Porchlight Films=Edge City Films
ジャンル
戦争

[c]2012 Rohfilm GmbH, Lore Holdings Pty Limited, Screen Australia, Creative Scotland and Screen NSW. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0 /1件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?