エヴァの告白|MOVIE WALKER PRESS
MENU

エヴァの告白

2014年2月14日公開,118分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『エディット・ピアフ 愛の讃歌』でアカデミー賞主演女優賞に輝いたマリオン・コティヤール主演のヒューマンドラマ。幸せを求めてアメリカへ移住した女性が、娼婦に身を落としてまでも懸命に生きようとする姿を描く。彼女を翻弄する裏社会の男をホアキン・フェニックス、思いを寄せるマジシャンをジェレミー・レナーが演じる。

予告編・関連動画

エヴァの告白

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

エヴァは病気の妹と一緒に戦火のポーランドからアメリカへ。ところが、妹は入国審査で隔離され、エヴァも理不尽な理由で入国を拒否されてしまう。強制送還を待っていたエヴァはブルーノという男に助けられるが、彼は移民の女性たちを劇場で踊らせ、売春をあっせんするような男で、カトリック教徒のエヴァは娼婦へと身を落としていく。

作品データ

原題
The Immigrant
映倫区分
G
製作年
2013年
製作国
アメリカ フランス
配給
ギャガ
上映時間
118分

[c]2013 Wild Bunch S.A. and Worldview Entertainment Holdings LLC [c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.7
  • rikoriko2255

    3.0
    2014/3/5

    移民船の悪環境は画としては出てこないけど想像出来る。
    そんな環境で弱者は虐げられて来たんだろう。若い女性二人で・・しかも美人で何て。きっとエヴァはずっと妹を守って自分が表に立ってきたのだろうし。

    エヴァは弱いようで、強い。信仰心も強いし、覚悟を持って居る。
    それ姉として生まれた性で、何とも切ないんだけど‥
    モテるし、もっと自分の幸せ求めたら幸せになれたかもしれないのに。
    そんな人生も有っただろうに。
    愛よりも、自分の手助けをしてくれる人を求めたんだよね。
    結果、愛してくれる人を皆踏み台にして生きていくような感じだけど。

    落ち着いたら、幸せになって欲しいなぁ‥と思わせる女性でした。
    でも難しいだろうなぁ‥

    マリオン・コティヤールは凄く良かった。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    2.0
    2014/2/22

    完全にcastに魅かれただけだ…

    内容を若干知っている時があっても良い時があるな。予告は見ていたのだが。
    そもそも邦題から察して、主人公が観客の意表を突くようなことをしたのか…と思っていたのだけれど。

    話の流れや会話でおおよそのことはわかります。原題そのまま、「移民」ていうのも、観客を呼べないが、この邦題もちょっと、違うでしょう。

    J.レナー、開始1時間経過からの登場。そして引きも早い。
    エヴァの同僚がニューヨークの寒さは堪えるから、脂肪を蓄えたくてはダメだと言う通り、皆ぽっちゃり。そっち専門?そんなわけでエヴァのスリムさは美しさと併せて引き立つ。

    妹のためと全ての決断はここに尽きるが、その妹、再会シーンでは、わりとぬくぬくしていたんでは?と思う。よっぽど姉の方が大変だ。
    なぜ、英語が堪能なのかも不明だし、親戚を頼って渡米というわりには、その繋がりが薄い。
    しかし、当時の移民って本当のところ、どうだったのか関心あり。英語ではない言語が、たくさん聞けたんでは?
    ブルーノの自分の密かな感情を押し殺した様こそ、邦題に値する。

    違反報告