アタック・オブ・ザ・50フィート・チアリーダー:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
アタック・オブ・ザ・50フィート・チアリーダー
アタック・オブ・ザ・50フィート・チアリーダー

アタック・オブ・ザ・50フィート・チアリーダー

2014年1月29日公開,84分
PG12
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

B級映画の帝王ロジャー・コーマンが製作を手掛けたパニックコメディ。新薬の副作用によって身体が巨大化したチアリーダー部の女子大生が巻き起こす騒動を描く。出演は「ブレードランナー」のショーン・ヤング、「さよなら、さよならハリウッド」のトリート・ウィリアムズ、「ファイナル・デッドコースター」のライアン・メリマン。特集上映「未体験ゾーンの映画たち 2014」にて上映。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

キャシー(ジェナ・シムス)は、チアリーダー部に所属する目立たない女子大生。ある日、彼女は美貌と更なる身体能力を得るために、開発途中の新薬“リニュー”を自分に注射する。次の日、目覚めるとそこには見違えるほどの美女が鏡に映っていた。男子学生たちの視線を一身に受け、チアリーダー部内でも動きの俊敏さに驚愕の声が上がる。しかし、薬の副作用により、身体がグングンと巨大化、ついにはビルを超える大きさになってしまう。やがて、チアリーダー部団長のブリタニー(オリヴィア・アレクサンダー)は、キャシーと巨大化対決を披露するが……。

作品データ

原題
ATTACK OF THE 50FT CHEERLEADER
映倫区分
PG12
製作年
2012年
製作国
アメリカ
配給
アット エンタテインメント
上映時間
84分
製作会社
New Horizons Picture

[c]2012 Emerald City Pictures, LLC [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?