コーヒーをめぐる冒険|MOVIE WALKER PRESS
MENU

コーヒーをめぐる冒険

2014年3月1日公開,85分
  • 上映館を探す

朝、コーヒーを飲み損ねたことから始まる1人の青年のついてない1日を、スタイリッシュなモノクロの映像とジャズに乗せて描く。出演は、「素粒子」のトム・シリング、「パンドラム」のフリーデリッケ・ケンプター。ヤン・オーレ・ゲルスター初監督作品。2013年ドイツアカデミー賞作品賞、監督賞を含む主要6部門受賞。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

青年ニコ(トム・シリング)は2年前に大学を辞めていたが、仕送りをしてくれている父(ウルリッヒ・ネーテン)には内緒にしていた。ガールフレンドのエリ(カタリーナ・シュットラー)との関係もうまくいかず、彼女の家でコーヒーを飲み損ねた朝、車の免許が停止される。アパートの上の階に住む変わり者のオヤジ・カール(ユストゥス・フォン・ドホナーニ)に絡まれたニコは、気分直しに親友マッツェ(マルク・ホーゼマン)と出かけるが、クサい芝居の売れっ子俳優(アルント・クラヴィッター)、ニコに片想いしていた同級生ユリカ(フリーデリッケ・ケンプター)、ナチス政権下を生き抜いた老人(ミヒャエル・グヴィスデク)など、ひとクセある人たちと次々に出会う。そして、ニコのとことん冴えない1日の幕切れは……?

作品データ

原題
OH BOY
製作年
2012年
製作国
ドイツ
配給
セテラ・インターナショナル
上映時間
85分

[c]2012 Schiwago Film GmbH, Chromosom Filmproduktion, HR, arte All rights reserved [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.0
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2014/3/8

    邦題は誇大表現だな。 冒険には遠し。日常の実に忘れてしまいそうな細々としたことを、コーヒーで改行している。ニコ、どこにでもいそうな現代っ子。 ドイツ人にとって、コーヒーはなくてはならん物。それもインスタントではなく、本物。おそらくスタバとかも快くは思っていないかも。チェーンでもラバッツァは受け入れる。いわゆる薄いアメリカンが嫌なのですね。仏伊も同様。これは、本当の話。 コーヒーがないと調子がなんだか狂ってしまう。ニコの大変な一日。 あるシーン、ドイツと言えばナチスについて他国では映像化多々あるが、本国では微妙です。大っぴらにしてはいけない気がした。アメリカの原爆とかと同様ではないか? ニコ、周囲に巻き込まれやすいタイプ。自分の問題もあるが、それについては口ごもり、悪い奴らには女友達が一括でたじたじ。草食系です。 いろんなことがあった1日、それの締めの夜がようやく明けた早朝。一杯のコーヒーが、考えも疲労もリセットしてくれそうだ。こちらはおいくら?

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告