ショート・ターム|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ショート・ターム

2014年11月15日公開,97分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

未成年者の短期保護施設を舞台に、女性職員と子どもたちの交流を描いたドラマ。ロカルノ国際映画祭を始め、世界中の映画祭で多数の受賞歴を誇る注目作。独りぼっちで生きるのではなく、誰もが大切な人と一緒に明日を生きる喜びに気づかせてくれる。出演は「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」のブリー・ラーソン。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ティーンエイジャーをケアする短期保護施設で働くグレイス(ブリー・ラーソン)と、同僚でボーイフレンドのメイソン(ジョン・ギャラガー・Jr)。子供が出来たことをきっかけに、2人の将来はささやかながら、幸せなものになるかと思われたが……。誰にも打ち明けられない深い心の闇を抱えるグレイスと傷ついた子供たちの未来は……?

作品データ

原題
SHORT TERM 12
映倫区分
G
製作年
2013年
製作国
アメリカ
配給
ピクチャーズデプト
上映時間
97分

[c]2013 Short Term Holdings, LLC. All rights reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    5.0
    2018/8/27

    問題を抱えるティーンエイジャーの為の施設「ショート・ターム12」での話。子供は悪くないと思うし、でもその親もまたきっと最初は悪くなくて、誰にも助けてもらえなかった人達もいるんだろうと思うと、なくならない問題だとは思う。子供達だけでなくケアする側のグレイスも心に深い傷があり、でもだからこそ救いたいと思うのだろう。必死で助けようとしている彼女の姿は心に刺さるものがあった。画面からそんな優しさがずっと伝わってきて、本当に自然に泣いたり笑ったり出来る最高の映画だった。少しでも助かる子が増えてほしい。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2014/12/13

    子供は無力だ。親の支配で居場所を失ったり、自傷行為をしたり。

    保護施設は救いの場か。スタッフの人柄によって子供たちの精神状態が安定になるか否か。
    グレイスとメイソンもその経験者。だから子供の扱い方、振舞い方、そして話し方は誰よりも知っている。

    子供たちは反抗するけれど、それで良い。それが普通。ぶちまけてくれた方が精神的衛生には良い。

    特にメイソンの人柄はトゲトゲした心を丸くする。彼女に対しても寛大で、相手の話をまっすぐ聞こうという姿勢が全身から伝わる。面白いし、彼と話せば、笑顔になれそう。コック帽もどきも彼じゃなきゃ様にならん(笑)。良いなぁ、こういう人が近くにいて欲しい…

    新人がミスったが不幸な子供をそう捉えてはならんのだ。彼らはsensitiveで時々面倒をかけるが、スタッフは何だか楽しそう。ラストのトラブルメーカーを追いかけるシーンのスタッフの顔ときたら、何と言う充実感。

    子供たちにとって、ここは幸せをつかむ一歩の場。

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    2.0
    2014/11/25

    【賛否両論チェック】
    賛:自身も傷ついた過去を背負いながらも、少年少女達の人生と真正面から向き合い続ける主人公に感動。一緒に悩みながら成長していく様子が、重いテーマの中でも微笑ましく感じられる。
    否:自傷行為や児童虐待といった、家庭内の凄惨な現実が赤裸々に語られるので、軽い気持ちでは観にくい作品。特に何かが劇的に変わるストーリーでもないので、消化不良感も否めない。

     自身も辛い過去があるからこそ、傷ついている子供達の痛みが分かる。そんな主人公の寄り添う姿に、感動する方も多いはず。決して綺麗事だけではない、残酷な虐待や非行の現実をまざまざと見せつけられる作風なので、簡単に観られる映画ではありませんが、どこか心温まる作品に仕上がっています。
     傷ついている時に優しい気持ちになれる、そんな1本です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    3.0
    2014/11/17

     未成年者の短期保護施設を舞台にした内容で、3月にリバイバルで観た「隣る人」(ドキュメンタリー映画の傑作)を思い出した。実際の親から愛をもらえず、逆に悲しみをもらった子供たちが精神的に壊れそうになるのを施設の職員たちが懸命に支える姿に終始胸を打たれた。親から受けた悲しみは、人に簡単に話すことができない分、一生背負って生きていく人も少なくないことを痛感させられました。そういった意味で良い映画と思いますが、父親が娘に対しての虐待がメインのテーマに上がっていて、個人的に苦手なテーマだったので「絶賛」とはいきませんでした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    てと

    3.0
    2014/11/6

    99パーセントの観客満足度という宣伝で期待していたのですが残念ながら残りの1パーセントでした。

    施設で働く人も子供たちもいろいろな問題を抱えています。いくつものサブストーリーがあるのですが、どれも予定内の話のようで新鮮味がありません。肝心の本筋がぼやけているような話でした。
    それぞれの痛みは見えはするのですが伝わってはこなかったです。
    辛い描写、悲しい描写を、見せようとしすぎてしまっている気がします。

    試写会で鑑賞したのですがエンドロールになってすぐに立ち上がる人が少なくなかったです。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    5.0
    2014/11/5

    親が世界のほとんどを占める子供時代。
    世界はそこだけで、他に居場所が無いと思っている子供時代に、こういう施設で、こう言うスタッフに出会えたら救われるだろうなぁ‥と思う。
    彼らは仕事だ。だけど、プロだ。
    贔屓なしに、自分を見てくれる。心配してくれるし、一人にしないでくれるし、尊重してくれる。
    本気で追いかけてくれる人が居てくれることや、birthdayに一人じゃないこと、背負った物は違うけど、それぞれ痛みを抱えている人たちが居ること。それってすごい救いだと思う。
    良い体験が出来る・・とか、恵まれない子供・・なんて失言をしちゃう恵まれた青年には解らない事を、グレースやメイソンたちは知っている。自分もそう言う子どもだったから。

    踏み込み過ぎない。だけど甘やかさない。押しつけがましくないのが良い。

    でもあの新人スタッフのモデルは監督なのかも。社会人一年目はこういう施設のスタッフだったんだって、舞台挨拶で言ってました。きっと凄く多くを学んだんだろうな。


    マーカス役のKeith Stanfieldが凄く良い。もうすぐ18歳になって、施設を出て行かないといけない不安。

    あんなんに可愛いのに、綺麗な形の頭をしているのに、虐待の跡が残って醜いのではないかと鏡を見られない。
    母親への恨み言を歌詞にしてしか言えない。
    だけど新人入所者をさり気なく皆を率先して慰めたりする。

    そして彼のその後が嬉しかったりする。

    沢山泣いて、笑って・・映画賞を沢山受賞したって言うのが解る。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告