リスボンに誘われて|MOVIE WALKER PRESS
MENU

リスボンに誘われて

2014年9月13日公開,111分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

2004年の刊行以来、世界31カ国で翻訳され、400万部を突破したベストセラー小説『リスボンへの夜行列車』を映画化。偶然手にした古本に心を動かされた大学教授が、リスボンを訪れて人生を見つめ直してゆく姿を描く。監督と主演は、「愛と精霊の家」でもコンビを組んだビレ・アウグストとジェレミー・アイアンズ。

予告編・関連動画

リスボンに誘われて

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

スイスのベルンにある高校で、古典文献学を受け持つ57歳の教師ライムント・グレゴリウス(ジェレミー・アイアンズ)は、ラテン語とギリシア語に精通する知性と教養に溢れた人物。チェスの名士で、同僚や生徒からも畏敬される存在だった。5年前に離婚してからは独り暮らしで、平凡な毎日の繰り返しだったが、大きな不満もなく過ごしていた。ところがある嵐の朝、その人生は大きく変わることとなる。学校へ向かう途中、吊り橋から飛び降りようとした赤いコートのポルトガル人女性を助けた彼は、彼女が残した一冊の本に目を通す。そこに綴られた一言一句に、ライムントの魂は大きく揺さぶられる。本に挟まれていた切符を届けるために駅に走ると、何かに取りつかれたように衝動的にリスボン行きの夜行列車に飛び乗る。リスボンに到着して真っ先に訪ねたのは、本の著者アマデウ・デ・プラド(ジャック・ヒューストン)の家。さらにその妹や親友を訪ね歩くにつれて、若くして亡くなったアマデウの人生が徐々に明らかになる。独裁体制下の激動の日々を生きた彼の誇りや苦悩、レジスタンスの同志との友情と裏切り、生涯を賭けた情熱的な恋……。アマデウの人生を辿るその旅は、ライムント自身の人生を見つめ直す旅でもあった。そして遂に、アマデウが本を著した本当の理由に辿り着くが……。

作品データ

原題
NIGHT TRAIN TO LISBON
映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
ドイツ スイス ポルトガル
配給
キノフィルムズ
上映時間
111分

[c]2012 Studio Hamburg FilmProduktion GmbH / C-Films AG / C-Films Deutschland GmbH / Cinemate SA. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2014/11/29

    全身から知性が感じられるライムント。その彼が、ある書物から、スイスからリスボンへ。もう少し列車の旅があると素敵だったな。
    それでもヨーロッパが舞台だから成り立つ。広大なアメリカで車を飛ばしてはダメなのである。アジアのぎらぎらネオンや騒音でうるさくしてはならんのである。リスボンに町が当時から現在までの街並みも見どころの一つ。

    そう遠くない過去、話自体は架空と言えど、社会情勢に嘘はない。レジスタンスに加え、友情、恋愛と全てに若さを感じる。
    ばらけたピースを初老のライムントが繋ぎ合わせる。偶然過ぎるが、それは映画ですので目をつむる。

    主人公のJ.ヒューストンは映画界のサラブレットではないか!しかし、この映画ではイギリス出身とは言え、スペインやイタリアあたりの俳優を起用していただきたかった。
    でもジョルジュ役の俳優は好感。M.ロランも雰囲気が違って、本当に彼女と思えなかった。それはつまり役者であると冥利につきるか。
    ほんと、castが国際色豊か。

    ポルトガルに行ってみたいなぁ。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2014/9/16

    ジェレミー・アイアンズが良い。
    年老いて、平穏に生きようとする姿は彼の今までの他の役とはちょっと違う。

    だけど、古典文献学を教え、ラテン語とギリシア語に精通しているのは、必要だったから・・では無いはず。何かしらの情熱を持って身に付けたはず。
    そう言う突き動かされる情熱を秘めている感じ。

    彼の英語はとても耳に馴染みやすかったし。

    私ものめり込む方だから、一冊の本に出会い、作者やその縁の地に行ってしまう気持ちが凄く解るし、我が身を見るようでした。
    彼みたいな積極性は無いけど。

    原作がベストセラーなの解るな。一人の人間を辿って掘り下げながら、謎解きのような、面白さが有る。

    激し過ぎないのも良いよね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告