天空の蜂|MOVIE WALKER PRESS
MENU

天空の蜂

2015年9月12日公開,138分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

東野圭吾が95年に発表し、ロングセラーとなっている同名小説を江口洋介、本木雅弘らの出演で映画化したサスペンス・アクション。日本全土の原発破棄を求め、超巨大ヘリを原子力発電所に墜落させようとするテロリストと、事件解決に挑む人々の戦いが描かれる。監督はコメディから人間ドラマまで幅広いジャンルを手がける堤幸彦。

予告編・関連動画

天空の蜂

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1995年8月8日、子供を1人乗せた最新鋭の超巨大ヘリが突然動き出し、福井県の原子力発電所の真上で静止する。“天空の蜂”を名乗る犯人は全国すべての原発の破棄を要求し、従わなければ大量の爆発物を搭載したヘリを遠隔操縦で原子炉へ墜落させると宣言。ヘリ設計士の湯原と原発の設計士の三島は未曽有の危機を回避しようと奔走する。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
138分

[c]2015「天空の蜂」製作委員会 [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.8
  • rikoriko2255

    元電気メーカー社員

    3.0
    2015/12/1

    20年も前にこの原作をまとめた作家の力量はすごいと思うし、邦画としては、とても丁寧に作られた映画だと思います。 が、 これが10年前に公開されていれば・・・・ 今となっては、原作が暴き出した、政府の姿勢も、無関心を妨げる者は徹底的に排除しようとする大衆の姿も、私達は、311後の自民党圧勝によって、まざまざと見せつけられてしまったわけですから・・ 特定の社会問題と、密接にリンクした原作は、映画化のタイミングというのがあると思います。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    3.0
    2015/10/4

     映画の内容等は省略させてもらって、ズバリ!今、多くの人に観てもらいたいメッセージ性の高い映画でした。取り上げているテーマは多くて、メインの原発問題に加え、家族愛やいじめなど盛りだくさんでしたが、何より「無関心の日本人」的発想にとても共感できました。ただ大作ではありますが、なんせ小説を2時間20分ほどにまとめているため、説明不足の点や突っ込みどころが満載で、もう少しで「傑作」になれた要素があったのに残念です。役者もモックンだけかなぁ良かったのは・・・

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    5.0
    2015/9/18

    邦画って「予算が足りないっ!」という声が聞こえてくる気がするものが多いですが、そういう声を感じる隙間がありませんでした。これまでに見た邦画の中では最高ランクの一つになるかなと。 真犯人が誰か、ごくごく最初にわかってしまうのは惜しいですね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    5.0
    2015/9/17

    時節柄、そんなことも考えました。それにしても、常総市での自衛隊の活躍は、良かったですね。「また一つ命が救われました。」という女子アナの絶叫が耳に残りました。 さて、映画の方ですが、江口洋介と本木雅弘との対決が見どころですが、どうも江口洋介の方に軍配が上がりますね。二人共過去にいろいろ背負ってというのが、この作品の意図ですが、どうも本木雅弘に、そこまでの覚悟が感じられませんでした。ファンの方々すみません。 仲間由紀恵のファンの方は、ちょっと欲求不満だったかも。彼女はアクションもできるし、もう少しね…。 向井理と綾野剛は、『S-最後の警官』に引き続き、出演。綾野剛は、こういう汚れ役が、合ってるね。やはり、無精髭がないと、…。向井理は、丸刈りで、自衛官。おいしい役どころでした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    4.0
    2015/9/13

    【賛否両論チェック】 賛:原発依存への問題提起は勿論のこと、嫌なことからは黙って目を背ける日本人へ、警鐘を鳴らしている内容なのが印象深い。父と息子の絆の修復にも感動。 否:登場人物の行動には、疑問が残る部分も多い。若干のラブシーンやグロシーンもあり。  「原発テロ」という、まさに今の日本を象徴するかのようなテーマの映画ですが、意外にも東野圭吾さんの原作が描かれたのは、1995年だとか。先見の明がありすぎですね(笑)。そして原発の問題に限らず、いじめや暴力等、見たくない物には目をつぶり、決して声を上げようとしない日本人に対する警鐘的な意味合いも、多分に含まれています。  それからミクロな部分では、“技術者”として仕事に全てを捧げてきた父親が、離れてしまった子供との絆を、事件をきっかけに少しずつ取り戻していく様子が感動を誘います。ヘリと地上で、2人がモールス信号でやりとりをするシーンなんかが、非常に印象に残ります。  少し小説チックで難しいお話ではありますが、様々なテーマや想いが込められた作品です。ハラハラしたい時は勿論、社会情勢について深く考えたいときにも、是非オススメです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    3.0
    2015/9/1

    東野圭吾の原作小説が大好きなので どんな風な映画に仕上がるのか興味津々でした。 ハラハラドキドキシーンは完璧。 江口洋介、本木雅弘の凌ぎあいもいいじゃないですか。 綾野剛のズタボロ感も雰囲気あり。 全体的にはいい作品に仕上がってました。 が、138分で見せ切るにはやっぱ無理があるのかな。 もうちょっと人物像の作りこみがほしかったのと 映像の迫力っていうか臨場感っていうのが 足りなかったように思いますね。 息子がビッグBから下をのぞきこむシーンは 風圧が感じられず、緊迫感に欠けちゃいましたね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    4.0
    2015/8/26

    初めからちょっと力(リキ)入っちゃいましたね。 子供の救出は、ハッとしてワ~~~ッと! ビッグBの迫力といい、犯人は誰なのかという緊迫感も、ハラハラドキドキもんで吸い込まれるように観入っちゃいました。 やりきれない原発の問題は考えさせられますけど、お勧めです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    Fujiko

    4.0
    2015/8/24

    原作は今から20年前の小説、当時としては突飛な設定でもあり、近未来的な事件として読んでいたと思うのですが、テロやら反原発やらオスプレイのような巨大ヘリ等が日常的になった現代では、それほど現実離れしているわけでもないという、作者の先見の明というか暗澹とした時代になったというか。小説の方の詳細は忘却の彼方につき、細かい比較はしませんが、アウトラインはキープしたまま、東日本大震災にも繋げたラストは、今だからこそ挿入できたエピソードではあります。 単なるテロものではなく、犯人がどのような過去を経てそのような考えを持つようになったのか、原発は必要悪なのか、親にとって子供の存在がどれほど大切なものか、犯人の本当の狙いは何なのか等々、考えさせられるテーマがてんこ盛りです。どうしても笑いの要素を加えたかったのか、やや奇妙なキャラ設定や奇抜な髪形の登場人物あり、違和感を禁じ得ない部分はありましたが、その辺はまあ大目に見られる程度に迫力満点の映像でした。途中でちょっとグロい描写がありますので、お子さんは連れて行かない方が良さそうです。 それにしても最も活躍した子役の少年がちらしにほとんど載っていないぞ!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2015/8/20

    完成披露試写会行ってきた。 舞台挨拶面白かったなぁ。監督と佐藤二朗さんの仲の良さは何だ?本木さんは本人が言う通り滑舌悪かった。 東野圭吾の原作は深い。 誰が悪だ?ソレは国民を欺く権力で有り、勝手の正義を振りかざし誰かを追い詰めることに疑問を抱かない国民で有り、無関心な我々なんだ。 だけど決して犯人をヒーロー視はしない。 そのせいで家族を失った人を描くことで、正当化はしていない。 それぞれの立場で仕事を全うしようとしている人達は格好良い。 最後のメッセージ、映画の中では届かなくても、映画を見る、もしくは本を読んだ人達には届かないといけない。 私たちは加害者だ…という事。 あぁ、我が子の命が自分の手をすり抜けていく事の恐怖。絶望。これだけは、体感したくない。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告