不機嫌なママにメルシィ!|MOVIE WALKER PRESS
MENU

不機嫌なママにメルシィ!

2014年9月27日公開,87分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

フランスの国立劇団コメディ・フランセーズに所属し「イヴ・サンローラン」「サガン-悲しみよ こんにちは-」などで存在感を見せるギヨーム・ガリエンヌが、自らの驚くような生い立ちを描いたコメディ・ドラマ。裕福な家庭に生まれ女の子のように育ったギヨームが、様々な苦難を経て本当の自分の姿を見つけ出していく。モリエール賞を獲得した舞台をギヨーム自ら監督・脚本を手がけ映画化、自分自身の役と母親役を演じている。ほか、「5月の後」のアンドレ・マルコン、「マダム・クロード」のフランソワーズ・ファビアン、「戦場のアリア」のダイアン・クルーガーらが出演。本作は第39回セザール賞で作品賞、主演男優賞など計5部門を獲得した。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

俳優ギヨーム・ガリエンヌ(ギヨーム・ガリエンヌ)は、パリ16区にある裕福な家庭に四人兄弟の三男として生まれた。身体が弱かったため、とりわけ母親(ギヨーム・ガリエンヌ)から過保護気味に特別扱いされて育った。なぜかいつも不機嫌そうだがエレガントな母親に憧れた彼は女の子のように振る舞うようになり、家族からはゲイだと認識される。どうしてもギヨームに男らしくなってほしい父は彼を無理矢理男子校に入学させるがいじめを受け、イギリスの学校に転校するも男子生徒に失恋。壁にぶつかってばかりのギヨームは旅を通し、本当の自分の姿とは、自分にとっての幸せは一体何か、考えていく……。

作品データ

原題
LES GARCONS ET GUILLAUME, A TABLE!
製作年
2013年
製作国
フランス=ベルギー
配給
セテラ・インターナショナル
上映時間
87分

[c]2013 LGM FILMS, RECTANGLE PRODUCTIONS, DON'T BE SHY PRODUCTIONS, GAUMONT, FRANCE 3 CINEMA, NEXUS FACTORY AND UFILM [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    3.0
    2014/10/8

    母親の過干渉は感じるわね。

    ママとの関係の密接さが原因かもしれないけど、親が女装させようと、女の子のように育てようと、そうならない子はならない。
    彼は観察眼がすぐれていて、演技力が有ったんだろう。

    彼の鏡の所にも貼って有ったけど、歌舞伎役者の女形が普段から女々しいかって言ったら、そうじゃないでしょ。

    完璧にノーマルなのかは知らないけど。いじめられっこが助けてくれた同性に憧れの気持ちを抱くのは可笑しくないしね。

    でもまぁ、自分を知る事が出来て良かったよ。

    一人二役はすぐわかったけど、凄く体当たりでした。
    そして凄くお金持ちでした。

    ヨーロッパ諸国のフランス人に対する考え方や見方も面白かった。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告