アリババと四十人の盗賊(1944)|MOVIE WALKER PRESS
MENU
アリババと四十人の盗賊(1944)
アリババと四十人の盗賊(1944)

アリババと四十人の盗賊(1944)

1951年12月27日公開,87分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「千一夜物語」からサジェストされて「腰抜け二挺拳銃」のエドモンド・L・ハートマンが脚本を創作し、凸凹シリーズを多く手がけたアーサー・ルービンが監督した1944年テクニカラー作品で、製作は「タンジールの踊子」のポール・マルヴァーン。撮影はジョージ・ロビンソンとハワード・グリーン、音楽は「美しき生涯」のエドワード・ワードの担当。主演は「アラビアン・ナイト」のコンビ、マリア・モンテスとジョン・ホールで、以下ターハン・ベイ、アンディ・デヴァイン、カート・カッチら。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

蒙古のフラグ・カーン(カート・カッチ)が大軍をもってバグダッドに攻め寄せた時、大主ハッサンはカシム大公の裏切りで殺され、一子アリは辛くも逃れて盗賊団に救われた。10年後の若き首領アリ・ババ(ジョン・ホール)に成長した彼は、ある日水浴中の美女、アマラ(マリア・モンテス)に見とれているうちに蒙古兵に捕らえられ、バグダッドに護送された。彼女は幼い日に決められたアリの許婚だったが、今はカーンとの結婚を無理強いされていた。救援の部下に助け出されたアリは、一旦連れ出したアマラを父親カシム(フランク・パリア)の元へ返したが、2人が真に愛しあっていることに気付くと彼女を奪いに城へ乗り込んだ。計画を知ったカーンは兵士を出動させ、ここに盗賊団との大乱戦が起こる。そしてついにアリは部下の助けでカーンを倒し、アマラをその腕に抱いたのであった。

作品データ

原題
Ali Baba and the Forty Thieves
製作年
1944年
製作国
アメリカ
配給
ユニヴァーサル日本支社
上映時間
87分
製作会社
ユニヴァーサル映画

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?