ドラゴン・フォー 秘密の特殊捜査官 隠密:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
ドラゴン・フォー 秘密の特殊捜査官 隠密
ドラゴン・フォー 秘密の特殊捜査官 隠密

ドラゴン・フォー 秘密の特殊捜査官 隠密

2014年11月8日公開、118分、アクション/歴史
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ウェン・ルイアンのベストセラー小説を映画化した武侠アクション。宋代中国を舞台に、4人の秘密捜査官“四大名捕”が、王朝を揺るがす陰謀に挑む。出演は「王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件」のドン・チャオ、「ドラゴン・キングダム」のリウ・イーフェイ、「マトリックス レボリューションズ」のコリン・チョウ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

宋代末期の中国。都では偽金事件が巷を賑わせていた。首都警察“六扇門”が捜査を進める中、密命を受けた皇帝直属の特務機関“神侯府”が難事件解決のために派遣される。“六扇門”の隊長・捕神/柳大人(チェン・タイシェン)は、皇族の王爺(レイ・チーホン)から神侯府への捜査協力を命じられるが、彼は神侯府とそれを率いる諸葛正我(アンソニー・ウォン)を快く思っていなかった。諸葛正我の指示を受けたのは、配下の隠密の中から、超能力を駆使する車椅子の美女・無情(リウ・イーフェイ)と、圧倒的な腕力を持つ鍛冶屋の鐵手(コリン・チョウ)の2人。さらに、事件現場に居合わせたことから、脚力に長けた借金取りの追命(ロナルド・チェン)と、狼の血を引く謎の剣の達人・冷血(ドン・チャオ)も加わる。捜査に乗り出した4人の秘密捜査官は、神侯府の中でも智力、武力、特殊能力に秀で、“四大名捕”と呼ばれていた。捜査を阻む謀略が進行する中、事件の首謀者が豪商の安世耿(ウー・ショウポー)と判明。だがその裏には、王朝を揺るがしかねない巨大な陰謀が潜んでいた。戦いを挑む四大名捕たち。決戦の火蓋が切って落とされる!

作品データ

原題
四大名捕
製作年
2012年
製作国
中国
配給
ツイン
上映時間
118分
ジャンル
アクション歴史

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?