欲動|MOVIE WALKER PRESS
MENU

欲動

2014年11月22日公開,97分
R18+
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「歓待」主演・プロデュースの杉野希妃監督作品。バリ島を舞台に、男女の性愛と人間の生死を描く。出演は、「愛の渦」の三津谷葉子、ドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』の斎藤工。撮影監督は、「動物園からのポストカード」のシディ・サレー。第19回釜山国際映画祭アジアの窓部門正式出品、最優秀新人監督賞受賞。

予告編・関連動画

欲動

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

勢津ユリ(三津谷葉子)と夫の千紘(斎藤工)は、臨月を迎えた千紘の妹・九美(杉野希妃)の出産に立ち会うため、バリにやってくる。異国で出産する九美にとって兄と看護師であるユリの存在は心強かったが、心臓に重い病を抱える千紘にとってこの旅は危険を伴うものだった。彼らは九美の夫・ルーク(トム・メス)とともにバリ観光をするが、カフェで千紘が何気なく発した「日本に帰りたくない」という一言をきっかけにユリと千紘の口論が始まる。看護師であるユリに対する「人の死に慣れたお前が嫌なんだ」という千紘の言葉が決定的となり、ユリはその場を立ち去る。バリの広大なライスフィールドをさまよい、歩き疲れて座り込んだユリの傍らに、先ほどのカフェにいた日本人男性・木村(高嶋宏行)が車を停め、クタへ誘う。誘いに応じてナイトクラブへ行ったユリは、大音量で鳴り響く音楽や雰囲気に圧倒されるが、次第に開放感を感じ始める。そんなユリに地元ビーチのジゴロ・ワヤン(コーネリオ・サニー)が熱い視線を送るが、ユリはワヤンを避ける。クラブの通路では、木村が地元の青年・イキ(松崎颯)と激しく絡み合っていた。その光景に魅入るユリの背後から、ワヤンが強引に彼女の体を奪おうとする。ユリは必死に抵抗して逃げるが、その心には怯えと共に突き動く欲動の感覚が残る。翌日、ユリは千紘とのわだかまりを感じながらも、ワヤンと再会する……。

作品データ

映倫区分
R18+
製作年
2014年
製作国
日本
配給
太秦
上映時間
97分

[c]2014『欲動』製作委員会 [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?