映画としての音楽:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
映画としての音楽
映画としての音楽

映画としての音楽

2014年11月15日公開,56分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「眠り姫」の七里圭による実験的映画。音から映画を作る試みとして行われた、音と日夏耿之介訳『院曲撒羅米』(オスカー・ワイルド『サロメ』)のテキストが交錯する一夜限りのライブを収録した。音楽は、「DUBHOUSE:物質試行52」の池田拓実、「爆撃機の眼」の徳久ウィリアム、「純情No.1」の長宗我部陽子。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

2014年4月26日、異才・七里圭は、映画を音から作り始める試みの第一弾となる一夜限りの実験的なライブを行った。擬人化された映画史と『サロメ』のテキストが交錯し、総勢12名の歌、謡、語り、叫びが怒号のように渦巻く、スクリーンから空間へ映画を解き放つ儀式としてのそれは、まだ目覚めぬ映画を呼び覚ます声と響きとなった。

作品データ

製作年
2014年
製作国
日本
配給
charm point
上映時間
56分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?