妻への家路|MOVIE WALKER PRESS
MENU

妻への家路

2015年3月6日公開,110分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

中国の名匠チャン・イーモウ監督によるせつない夫婦のドラマ。文化大革命後の70年代の中国を舞台に、心労から夫の記憶だけを失った妻と、記憶が戻る事を願いつつも他人を装い彼女にそっと寄り添う夫の姿を描く。夫婦役を演じるのは『HERO』のチェン・ダオミンと、イーモウ監督と約9年ぶりのタッグを組むコン・リー。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

77年に文化大革命が終結し、イエンシーは20年ぶりに解放される。妻ワンイーの元へ急ぐイエンシーだったが、彼女は心労のあまり、夫の記憶だけを失っていた。イエンシーは他人として向かいの家に住み、娘タンタンの助けを借りながら、自分の事を思い出してもらおうとする。そして、イエンシーは帰らぬ夫を駅に迎えに行くワンイーに寄り添う。

作品データ

原題
帰来
映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
中国
配給
ギャガ
上映時間
110分

[c]2014, Le Vision Pictures Co., Ltd. All Rights Reserved [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

4.0
  • rikoriko2255

    seapoint

    4.0
    2015/3/2

    C.イーモウといえば「初恋の来た道」が印象深い。今回も恋愛のジャンルで良かっただろうか。 中年男性目線とはいえ、「初恋~」同様、主人公がいじらしい。 一番憶えていてほしい相手が、写真の切り抜き同様彼だけが記憶から切り取られた。アルツハイマーではなく、心因性ショックからということで、時代的にも薬もない。 イエンシーは教養深く、紳士である。この状況にヤキモキするが、声を荒げることはない。あの手この手で妻の記憶を取り戻そうとするが、結果愕然…えー!!!でしょう。でも悲しみよりちょっと和ませる雰囲気なのだ。文化大革命によってばらばらになった家族がとりあえずはまとまったからだろう。 さて、劇中に出てくる食事が「初恋~」に続いておいしそう。現代は中国産あれこれ騒動だが、この時代、どれもハンドメイドでおいしそう。蒸かしたての蒸しパン、ゆでたての麺、もちもちの水餃子。 文化大革命の後を綴ったstoryだが、もう少し文化大革命について描いてもよかったかも。そうなると2時間ではとても終わらない大叙事詩になってしまうし、2人の恋愛どころではなくなるか…時間の経過もざっくり説明だったのは、それも仕方ない?

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告