尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48
尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48

尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48

2016年1月29日公開,119分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

AKB48の3番目の姉妹グループとして、11年10月に福岡・博多を拠点に結成されたHKT48。当時、平均年齢13.8歳とどのグループよりも若く、奮闘を余儀なくされた彼女らが、指原莉乃の電撃移籍以降、4大アリーナツアーを成功させるまでに成長していく様を映し出すドキュメンタリー。メンバーを一番近くで見てきた指原が監督に初挑戦する。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

グループ発足当時からセンターを務めてきた児玉遥と、AKBとの兼任メンバーとして活躍する宮脇咲良ら1期生。また、初シングルで児玉からセンターを奪った田島芽瑠と2ndシングルで田島とダブルセンターを務めた朝長美桜ら2期生。指原莉乃がメンバーひとりひとりにインタビューを敢行。家族やファン、運営スタッフの声も映しだされる。

キャスト

作品データ

映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
日本
配給
東宝映像事業部
上映時間
119分
製作会社
AKS=東宝=秋元康事務所=ノース・リバー=NHKエンタープライズ(制作 ノース・リバー/製作協力 CMa)

[c]2016「DOCUMENTARY of HKT48」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.5

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?