存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48のレビュー・感想・ネタバレ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU

存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48のレビュー・感想・ネタバレ・評価

2016年7月8日公開,108分

ユーザーレビュー

2.0
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    2.0
    2016/7/27

    【賛否両論チェック】
    賛:急速に世代交代が進むAKBグループにあって、葛藤する新世代や、かつての人気メンバーの現在等を通して、グループのリアルな今を描いていく。感動的なエピソードが多いのも印象に残る。
    否:ファンでないと興味を惹かれず、退屈すること必至。終わり方もやや唐突か。

     結成10周年を迎え、“第2章”へと世代交代が進みつつあるAKB48の昔と今を、インタビューを交えながら淡々と追っているイメージです。個人的には、父親の勧めでAKBに入ったものの、その父が亡くなってしまい、四十九日までの間に、涙をこらえてコンサートに出たというメンバーのエピソードが印象的でした。
     ただ、やはりどうしてもドキュメンタリーなので、興味がないと全く面白くなくて、退屈することは必至です。
     良くも悪くも、好きな人向けの作品といって間違いなさそうです。

    違反報告
1/1