アリスのままで|MOVIE WALKER PRESS
MENU

アリスのままで

2015年6月27日公開,101分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

若年性アルツハイマーと診断された50歳の言語学者の苦悩や葛藤、家族との絆を描いたベストセラー小説をジュリアン・ムーア主演で映画化した人間ドラマ。妻を必死に支えようとする夫をアレック・ボールドウィンが演じる。監督はウォッシュ・ウエストモアランドとALS(筋委縮性側索硬化症)と戦いながら撮影に挑んだリチャード・グラッツァー。

予告編・関連動画

アリスのままで

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

コロンビア大学で教鞭をとる言語学者のアリスは、講義中に突然言葉が思い出せなくなり、ジョギング中に自宅への帰り道すら分からなくなってしまう。若年性アルツハイマーと診断され、家族の介護も空しく、彼女の記憶や知識は抜け落ちていく。ある日、パソコンにかつての自分からのビデオメッセージを発見し、自分が口にする事に従おうとする。

作品データ

原題
STILL ALICE
映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
アメリカ
配給
キノフィルムズ
上映時間
101分

[c]2014 BSM Studio. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    4.0
    2015/7/30

    【賛否両論チェック】
    賛:病気が人生の全てを奪っていく残酷さと、それに必死で立ち向かっていこうとする主人公の姿が痛々しい。家族の大切さに気づかされる。
    否:物語そのものはかなり静かに進むので、興味がないと退屈かも。

    「私は苦しんでいるのではありません。闘っているのです。」
    後半のスピーチで語られるこの言葉が、胸に刺さります。“記憶の欠乏”という、今までの人生を全て奪ってしまう病気の恐ろしさも勿論ですが、そんな病気と必死で向き合い、生きていこうともがく主人公の姿が、非常に切なく心に響きます。そして、最愛の家族が病魔に侵された時、その家族達が直面させられる苛酷な現実も、赤裸々に描かれていきます。
     人間誰しもに起こりうる病気について、深く考えるきっかけとなりそうな作品ですので、気になった方は是非ご覧になってみて下さい。

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2015/7/20

    若年アルツハイマーは自分が完全にわからなくなる過程がどうしようもなく怖い。
    夫に自分の細胞が死んでいくのがわかると泣き叫ぶ。
    病は家族の支えが何より大事だなぁ。
    専門家のサポートも必要だが、それは金銭の代償やビジネスであり、感情ケアは家族に他ならない。

    地位や金銭の心配もない家庭だが介護なると話は違う。まだ現役を引退するのは早い。夫にいたっては野心だってまだある。心配はしているが自分が第一な夫。逆に一番若く、たくさんの可能性もある末っ子リディアが居住を変え母の介護を担う、これが現実?最終的には“愛”で終わるのか、ややキレイすぎか。

    J.ムーアもA.ボールドウィンもそれ相応の役にぴたりだがC.スチュワートが普通の女の子っていうのが新鮮。一方ボスワースはキレイでスタイルも良いのにどの映画でも存在が薄い。

    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    3.0
    2015/7/18

    夫と3人の子供たち。家族が支えてくれるアリスを羨ましく思う。
    衝突と誤解とすれ違いの絶えなかった次女のアドバイスに従った内容となったスピーチは圧巻だった。

    既に諸兄のご指摘にあるように、きれいごとに描かれてしまった分、作品の深みは薄くなってしまった。何年か前の若年性の認知症を大変美しい女優さんが演じていた作品は、難解な作品だったが、もっと現実を描いていた気がする。

    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    3.0
    2015/7/16

    アカデミー主演女優賞を受賞した演技を
    とくと観させていただきました。
    ジュリアン・ムーア、さすがの圧巻の演技でした。
    最近のジュリアン・ムーアはかなり乗っていますね。
    若年性アルツハイマーの患者という
    難しい役柄を、自然に演じていたと思います。
    この病気に対処するには、
    家族のサポートがいかに大切かということを
    否が応でも思い知らされました。
    ただ、アルツハイマー患者の病状が
    きれいに描かれ過ぎていたようにも感じました。
    本当は、もっとひどい姿になっちゃうんじゃないかなって。。。

    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    5.0
    2015/7/12

    カミさんのお供で観賞。その存在は知られているのに、実態はまだまだ知られていないアルツハイマー。更に知られていない若年性。その遺伝性症例。
    恐ろしくリアルなジュリアンさんの演技。さすがです。
    進行の早さもさることながら、優秀な人が発症した場合の脳機能落差の大きさと、それが周囲、特に家族に与える影響の大きさにスポットを当てているところが秀逸。
    ジュリアンさん以外の演技は若干抑え気味な感じ。一番反抗的な次女が一番母思いで、クリステンさんが好演。
    自分や家族で遅かれ早かれ起きる可能性のある事件。
    老若男女皆さんにご覧いただきたい作品です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    4.0
    2015/7/4

    ジュリアン・ムーアの静かに崩れゆく演技に、時折泣けた。
    癌の方がましだった...............なんて、ちょっと失礼っぽくも思ったが...............。
    自分が自分でいられなくなったらの恐怖から、未来の自分にあるビデオレターを残すなんて.............。
    知的ゆえかな??? でもそれも失敗に終わる。
    アルツハイマーって、本人はわからないうちに、周りがアタフタしてしまうイメージの方が強かった。
    でもこれは、本人が自分が崩れていくのがわかって、忘れていく恐怖を感じていくという。
    家族遺伝もあるということで子供たちが調べたら、一人は陰性一人は陽性、もう一人は拒否!!
    知っておくことも大事かもしれないけど、遺伝が発症する結果が出ると、ある意味怖い!!
    明日は我が身だったらどうしよう。
    終わりは完結ではなく、これと付き合っていく感じで静かに終わる。
    やっぱジュリアン・ムーアの演技がよかったかな!?

    違反報告
  • rikoriko2255

    KI-ki

    3.0
    2015/7/4

    アルツハイマー、重いテーマです。
    遺伝してしまうなんて…
    孫たちはどうなるの…
    自分で死ぬ事も出来なくなるなんて…
    不幸なのに…悲しいはずなのに…涙がでません。
    もし、自分がアルツハイマーになったら…とゆう恐怖を感じました。
    考えれば考えるほど暗くなります。
    余韻を残したくない映画です。
    ジュリアン・ムーアが素晴らしかった事だけは憶えておきたい。
    あとは、忘れてもいいや。

    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    4.0
    2015/7/3

     ジュリアン・ムーアが50歳で若年性アルツハイマーと診断される女性を演じてアカデミー賞の主演女優賞を受賞した作品。

     今までにも若年性アルツハイマー症を題材にした映画は国内外でありましたが、今回は病気については多くを語らず、とても静かに闘病する一人の母であり、社会人であり、そして妻である女性を描いています。

     だからこそ主演のジュリアン・ムーアの演技が素晴らしいのです!激しく極端な演技ではなく、ごく自然に恐怖を抱えながら静かに変化していく女性を見事に演じています。本当に「素晴らしい」の一言です!

     「これぞオスカー女優の演技」が観ることができる秀作でした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    5.0
    2015/6/30

    ジュリアン・ムーアは、当然いくつも作品を観ていて、中には気にいらないものもあったけど、本作品に関しては、オスカー受賞を手放しで喜びたい。
    二人の娘(役)は、見事なまでに似てなくて、それはそれで面白いんだけど、夫(役)も含め、見事なまでに本音をぶつけ合うシーンが面白く、そして悲しい。
    そして、ついに、自殺の手順まで忘れてしまうシーンには本当に泣き出したくなった。
    平日にもかかわらず、大勢の人出で、多くはご婦人方。ご自分の将来をお考えの上、来場されたのでは、と思う。
    最後をどうやって、誰と迎えるのか。誰にでも訪れる深遠なテーマです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2015/6/17

    私は高校時代に家にアルツハイマー患者がいたから。
    若年性ではないけれど、こんなに穏やかに日々は過ぎない。

    子供は、親が壊れていくのを穏やかな気持ちで見守れない。
    哀しみが八つ当たりになる。私はそれを見て来た。

    そしてアナは良く子供を産む気になったな・・自分は陽性でいつか母のようになる。
    そしてその遺伝子を子供たちも受け継ぐ。

    子供を産んでみないと、実感できないかも知れない。産んでから後悔しないと良いけど・・

    でも親のようになって迷惑を掛けたくない・・と自ら命を絶った人を知っている。
    アリスよりも、もっと悲惨な例を私は身近に知っているから、泣けなかった。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告