トゥモローランド|MOVIE WALKER PRESS
MENU

トゥモローランド

2015年6月6日公開,130分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ディズニーランドにある“トゥモローランド”が、ウォルト・ディズニーの夢を隠すカモフラージュだったら?というアイデアに基づくミステリー・アドベンチャー。17歳の少女と、“トゥモローランド”の存在を知る男が人類の未来を懸けた冒険に挑む。監督は『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』のブラッド・バード。

予告編・関連動画

トゥモローランド

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

17歳の少女ケイシーはある日、持ち物の中に見慣れぬピンバッジがあることに気付く。それに触れた彼女は、テクノロジーの発達した未知の世界へ迷い込むが、バッテリー切れと同時に元の世界へ引き戻される。そんな彼女の前に、謎の少女アテナが現れ、再びその世界を訪れたいのなら、フランクという男を訪ねよと告げる。

作品データ

原題
TOMORROWLAND
映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
アメリカ
配給
ディズニー
上映時間
130分

[c]2015 Disney Enterprise,inc. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

動画配信

関連記事

映画レビュー

3.0
  • rikoriko2255

    YO99

    5.0
    2015/7/3

    不評悪評の嵐に惹かれて遅まきながら鑑賞。好きです。 子どもの頃にTVで空想科学冒険物を見ながら感じていたワクワクを思い出させてくれる作品です。とにかく当時は、あり得ない絵空事がTVの中で繰り広げられていました。 今でも、TV、PC、スマホ、映画等々あらゆる媒体が超現実的で鮮明で刺激的で過激な映像を展開しギンギンで痺れる興奮を与えてくれます。きっとディズニー氏も映像世界がこうなることは予想していたでしょう。 昔からSF映画は空想科学で未来や異世界を描きながら、時代へのメッセージを発信してきました。 本作も、MIBやマトリックスやバイオハザードやスタートレックやスターウォーズやスターゲイト等々見古した感じのシーンが多々出てきます。その時はワクワクした映像も今では黴臭くつまらなく見えてしまいます。 でも、どんな作品でも何も考えずにそこに入り込んでしまえばワクワクできる自分が居るよ。そんなネバーエンディングストーリー的なメッセージを本当は伝えたかったのかもしれません。 自分はワクワクしながら一気に観切りました。楽しかった。 ジョージさんは自分の代わりに冒険をしてくれた。ラフィーさんは昔憧れた女の子。ノスタルジックと言われようが、自分にとっては極上の逸品です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    Orca

    1.0
    2015/7/1

    思いテーマなんだけど、何故解決したのかピンと来ない。 悪いことから目を背けては何も解決しないと私は思う。 世の中に悪い情報が溢れているのは事実だけど、それを止めてしまうのは良くないと私は思う。 メディアを規制することが善いことのように描かれているので好きになれない。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    1013

    2.0
    2015/6/15

    ピンバッチをトゥモローランドの入り口にしたのはよいアイデアだし、テーマもいい。 けど、夢のあるエンターテインメントに押し上げる技が無い。 おもしろいシーンはたくさんあるし、ギャグが冴えてるところもあるし、笑顔のロボットが襲ってくるパンチの効いたちょっとしたアクションもあるけれど、、、 これからの世代に向けたメッセージ性がありながら上手く消化できずに見切り発車でつくっちゃった感。 せっかくの舞台も中途半端にしか使われてない。 残念感漂う。 役者の熱演に星。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2015/6/15

    【賛否両論チェック】 賛:どんなに絶望的な状況でも、決して諦めない強さを教えてくれる。グロシーンがないのも嬉しい。 否:話の内容やテーマはやや難しいので、家族で観るには不向きかも。ストーリーのツッコミどころも多いか。  周りからどんなに不可能だと言われても、決して諦めることなく自ら道を切り開いていくケイシーが、非常にカッコイイです。そんな彼女が、やがて地球や人類の存亡をかけた事件の鍵を握る存在になっていくのも、また驚きです。ケイシーが父親に受け売りで語る、 「常に争っている2頭の狼。片方は光と希望の狼で、もう片方は闇と絶望の狼。最後に勝ったのはどっち?」 という謎かけも、奥が深くて印象に残ります。  ただ、どうしても「環境破壊」や「人間の愚かさ」といった、小さい子には少し難しいテーマも結構出てくるので、家族で観るのにはやや不向きかも知れません。また、展開もかなりのご都合主義で進むので、ツッコミ始めるとキリがないかも知れません。  幼い頃に忘れてしまった夢を、もう1度思い出して頑張りたい。そんな時に、勇気をもらえるファンタジーです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2015/6/9

    もっと夢のあるファンタジーかと思ったら、違った。重いテーマだった。 どんなに政治家や大人に声高に叫んでも効果が無いから、メッセージを送る相手を子供や若者に切り替えたのかな。 夢を諦めない、地道にコツコツ頑張るそう言う人たちに動けと言っている。 そういう人一人一人が必要だと言っている。 カウントダウンは始まっていて、残された時間は少ない。 呆れてもしくは怒って作ったのかな?メッセージが前面に押し出されて居て、ストーリー性がちょっと疎かになっている感じ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    KI-ki

    4.0
    2015/6/7

    トゥモローランド ピンバッチがパスポート 少女アテナはアンバサラー 未来バトルはビッグアトラクション 更に動き出す ゲストは選ばれたドリーマー 自分の夢みたトゥモローランドを作ろう 未来への夢を持ちつづけよう トゥモローランドに行こう!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    3.0
    2015/6/6

     「アイアン・ジャイアント」「Mr.インクレディブル」「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」などの監督作品からわかるようにアクションと感動の演出に定評のあるブラッド・バード監督作品。そこにジョージ・クルーニーがプラスされた今、ノリにノッているディズニー映画は、意外に楽しめるSF映画でした。とはいえツッコミどころは満載で、前半のバッジをめぐってのミステリアスな展開にはのめり込めましたが、後半のトゥモローランドに行ってからは、ややよくある展開で「アレアレ」といった感じでした。それでも全体的には子供から大人まで楽しめる作品に仕上がっていて、特に最後のシーンは夢があって、もうおじさんの私も子供のようにワクワクした気分で劇場を後にしました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告