この国の空|MOVIE WALKER PRESS
MENU

この国の空

2015年8月8日公開,130分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

谷崎潤一郎賞に輝いた高井有一の同名小説を長谷川博己&二階堂ふみ主演で映画化したヒューマンドラマ。第二次世界大戦終戦間近の東京を舞台に、19歳の少女と妻子を疎開させた中年男性との禁断の関係を描き出す。脚本家として数々の名作を送り出してきた荒木晴彦の『身も心も』以来18年ぶりの監督第2作となる。

予告編・関連動画

この国の空

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1945年の東京。里子は生活が日に日に苦しくなる状況に耐えながら、母親や叔母と健気に暮らしていた。隣人の市毛は丙種で徴兵を免れながら、妻子を疎開させてひとり暮らしをしている。すでに婚期を迎えた里子は、このまま男性と結ばれる事なく、戦争で死んでいくのかという不安を抱えつつも、市毛の身の回りの世話をする事に喜びを感じるようになる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
日本
配給
ファントム・フィルム
上映時間
130分

[c]2015「この国の空」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ミチさん

    4.0
    2015/8/21

    恋愛とは本来、不自然なもので、不道徳なもので、反社会的なものである。まして戦時である。
    にもかかわらずというか、だからこそ、というか、戦時でのみ咲いた「あだ花」があったかもしれない。
    そう考えると、この作品は、女たちの"戦争"を描いたものとして秀逸であり、長く語り告がれる作品となろう。
    まず、語りたいのは、工藤夕貴。彼女は、『戦争と青春』(1991年)で忘れられない戦争映画を描いてくれた。おそらく戦争を知らない世代の代表として出たんだと思う。それが、今度は「母親」役として、きっちり次の世代(二階堂ふみ)にバトンを渡してくれた。それをまず評価したい。
    二階堂ふみは『指輪をはめたい』から観ているけど、この作品で演じた脳天気なお嬢さんから、本当に随分と進化して怖いくらいです。
    そして富田靖子。この人もおばさんになってしまったけど、好きな女優さんです。もっともっと観たいですね。

    違反報告