童心 重松清原作「愛妻日記」より|MOVIE WALKER PRESS
MENU

童心 重松清原作「愛妻日記」より

2006年9月30日公開,70分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

退屈な日常を送る平凡な夫婦が、久々に夫婦水入らずの正月を過ごすことになる…。重松清の小説「愛妻日記」を、『ねじりん棒』の富岡忠文監督が映画化した官能ドラマシリーズ第3弾。脚本監修は荒井晴彦。出演は中原翔子、斎藤歩ほか。R-18作品。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

平凡な団地に住む平凡な主婦、陽子。とりたてて不満はないが、夫・真一とのセックスもマンネリで、退屈な日常を送っている。一人息子・潤一は、ヌード雑誌を隠し持っていたりと色気づき始める年頃で、陽子は複雑な気持ちだ。中学受験を控えた潤一が、塾の正月合宿を前に思いがけないことを言う。「正月さ、どっか行けば?」。突然息子抜きの正月を過ごすことになった、陽子と真一。人生の半分を生きてしまった夫婦が、二人きりになったときとった行動とは…?

作品データ

製作年
2006年
製作国
日本
上映時間
70分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?