ヒロイン失格|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ヒロイン失格

2015年9月19日公開,112分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

別冊マーガレットに連載され、人気を博した幸田もも子の同名コミックを桐谷美玲主演で映画化したラブ・コメディ。幼なじみの好きな男子を同級生にとられてしまったヒロインが、学校一のイケメンからアプローチされドキマギする姿が描かれる。主人公の幼なじみを山崎賢人、イケメン男子を坂口健太郎が演じる。

予告編・関連動画

ヒロイン失格

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

高校生のはとりは幼なじみの利太に恋していて、絶対的な自信をもって自分が彼の“ヒロイン”だと思い込んでいる。ところがある日、クラスの中でもイケてない女の子・未帆が利太に告白し、つきあいはじめるというまさかの展開となり、はとりは悶絶。そんな彼女に学校一のモテ男・廣祐が興味を持ちはじめ、三角関係へと発展する。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
日本
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
112分

[c]2015「ヒロイン失格」製作委員会 [c]キネマ旬報社

動画配信

関連記事

映画レビュー

4.2
  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    2.0
    2020/7/19

    人間を、美人vsブス、イケメンvsきも男、という評価軸しか持っていない世代の恋愛コメディです。 従って、映画にストーリーを求めて行く人には、オススメできない映画です。 ……というより、そもそもこれって、恋愛って言えるんですかねぇ。 桐谷美玲の顔は知っているけど演技を見たことがなかったので、まあそこそこ演技しているな、とは思いました。 ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    5.0
    2015/9/25

    【賛否両論チェック】 賛:CGやゲストを駆使した小ネタの数々が、非常にコミカルで楽しい。主人公のキャラクターにも好感が持てる。 否:恋愛に興味がない人が観ると、ただただむず痒いだけで、退屈すること必至。展開も割りとありがちで、出来すぎ感がある。  ストーリーはザ・ラブコメディといった感じですが、本作の魅力はその描写。CGやワイヤーを駆使した小ネタの数々や、主人公の見た目が急に超豪華なゲストに変わったりと、コミカルなシーンの連続に、思わずクスッと笑ってしまいます。個人的には、“実況中継”のシーンが面白くてステキです(笑)。そして、そんな作品の雰囲気に華を添えているのが、何といっても桐谷美玲さん演じるはとりのキャラクター。可愛らしさ全開のハイテンションから、沢山の変顔、そしてなんとストリートダンスのシーンもありと、その魅力を存分に発揮されています。純粋に桐谷さん目当てでご覧になるのもアリかと思います(笑)。  恋愛映画ですが、気になるラブシーンなんかもほぼ皆無ですので、デートで観るのはもちろんのこと、家族や友人と楽しく観るのも、是非オススメです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2015/9/10

    前半、ひょうきんさもあって大いに笑える。 はとりの友達の杏子がいい役目してる~~~ぅ。 でも後半は三角関係があるものの、普通の少女恋愛って感じで...................。 そもそも利太が優柔不断で、安達なんかと付き合うからいけないのよ!! 私的に利太はあまちゃん、弘光の方がしょうゆ顔でかっこい~ぃ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告