イタリアは呼んでいる|MOVIE WALKER PRESS
MENU

イタリアは呼んでいる

2015年5月1日公開,108分
  • 上映館を探す

イギリスで活躍する中年コメディアン2人組が、イタリアでのグルメ旅を通じて、人生の輝きを取り戻してゆく姿を描いたロードムービー。出演は「あなたを抱きしめる日まで」のスティーヴ・クーガン、「スティーヴとロブのグルメトリップ」のロブ・ブライドン。監督は「イン・ディス・ワールド」のマイケル・ウィンターボトム。

予告編・関連動画

イタリアは呼んでいる

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

イギリスの人気コメディアン、スティーヴ(スティーヴ・クーガン)とロブ(ロブ・ブライドン)の元に、イタリアのレストランを巡るグルメ記事の執筆依頼が舞い込む。友人兼良きライバル同士の2人は早速、北から南へと自動車によるイタリア縦断の旅に出る。素晴らしい眺望のホテルと美食の旅は、ピエモンテ地方から始まり、続いてリグリア、トスカーナ、ローマ、カンパーニャ、そしてカプリで締め括られることになっている。旅の途中、アメリカ映画への出演依頼が舞い込むロブ。仕事は順風満帆だったが、その胸中では挑戦への意欲と失敗するのではないかという不安感がせめぎ合う。一方、仕事もプライベートも停滞気味のスティーヴは、ロブの挑戦に心穏やかではいられなかった。ローマに到着した2人は、スティーヴのマネージャーを務めるエマ(クレア・キーラン)、女性カメラマンのヨランダ(マルタ・バリオ)と合流。実はスティーヴとヨランダは、かつて一夜を共にした仲だった。気まずい再会のはずながら、ちゃっかり親密な気持ちを抱くスティーヴ。一方、旅の途中で関係を持った女性、ルーシー(ロージー・フェルナー)から“また会いたい”と連絡を受けるロブ。罪の意識は感じながらも、解放された気分をもう一度味わいたい。シンプルな生きる歓びに満ちたイタリアは、次第に彼らに変化をもたらしてゆく。再び2人になったロブとスティーヴは、ポンペイを経てカプリ島の絶景を望むホテルへと向かう。その頃、スティーヴの息子ジョー(ティモシー・リーチ)が、別居中の妻とバカンスでイビザ島を訪れていた。息子に対して、父親としての役目を果たすことを考え始めたスティーヴは、ナポリで落ち合うために連絡を取る。翌日、ジョーとエマを含めた4人は、旅の終着点となるカプリ島へ。仕事、恋、地位、名誉、家族……。人生の折り返しを過ぎた中年男ロブとスティーヴの旅は、果たしてどんな結末を迎えるのか……?

作品データ

原題
THE TRIP TO ITALY
映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
イギリス
配給
クレストインターナショナル
上映時間
108分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.1
  • 4
    2015/6/9

    なんたって本人が本人役だから、会話に出てくる俳優や監督や映画は実在しているわけで、裏話的に聞ける。

    兎に角、ロブは喋りっぱなしで、スティーヴに話す隙を与えない感じ。物真似だったり空想話だったり。
    煩わしいんだけど、隙を見てスティーヴが突っ込む一言も効いてる。

    景色は勿論素晴らしいし、ホテルがとんでもなく高級で、こんな旅してみたい~~って思う。
    そして何より、料理。
    元ネタがグルメ旅行番組らしく、料理を作る厨房もシェフも映し出される。
    コレがまた食欲をそそる。勿論出せれる料理も素晴らしいの。

    観終わった後、イタリア料理食べたくなるし、食材の素材を生かした料理作りたくなる。

    そこにプラスして人間模様。幼い子供の世話に掛かりっきりの妻だったり、思春期の息子との関係だったり。
    ちょっと寂しい、でもきっと幸せな男二人の友情も良いよね。

    こんな旅行が出来る友達・・良いなぁ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • ごっとん

    3
    2015/5/22

    全編通して美味しい料理と楽しい仲間に囲まれていて、お腹が空きました。(笑)でも、二人があまりにもマシンガントークを繰り広げるので少しうるさく感じました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • どすん

    2
    2015/5/20

    マイケル・ウィンターボトム監督
    ということで見てきました。
    最初に見たのは
    スウィート・ヒアアフター
    ってスクールバスの転落事故の映画。
    まだまだ、単館映画を見始めた頃で
    「釈然とせん終わり方や」
    と感じたのを覚えてます。


    今回は、
    主人公2人のおっさんが
    食レポート
    の名目でイタリアの7箇所を回る話です。

    しかし、実際はレポートも何も
    飯食いながら映画のモノマネで終わる映画…
    う〜ん(笑)
    最初はそのマネに笑ってましたが
    執拗にパチーノのマネされると
    笑えなくなってきました。

    マイケル・ケイン
    バットマン・ライジングネタは最高でした。

    場所は
    ビエモンテ
    リグリア
    トスカーナ
    ローマ
    ポンペイ、ナポリ
    最後はカプリ島
    で、
    MINIのクーパーS
    で下っていきます。
    もちろん6MT。

    昔自分が行った時はイタリアは
    ミラノ
    ヴェネチア
    ピサ
    フィレンツェ
    ローマ
    ポンペイ
    ナポリ
    カプリ
    行ってきました。

    っと後半の部分が被ってて懐かしく見てました。
    食も途中のレポのように難しいソースとか使ってないけど…

    美味いんですよね、イタリアの飯。
    リストランテで所狭しと並ぶテーブルうまく皿を運びワインを注ぐウェイターやキッチンのシェフなどホンマかっこよかったのを覚えてます。


    イギリスで活躍しているコメディアン俳優
    スティーブのところに同じくコメディアン俳優のロブから電話が入る。

    以前にやった湖水地方の食レポートをイタリアでやることになった。
    どうだ??

    そんな美味しい旅に出かける2人。
    実際にリストランテに入って食レポートするのと思いきやモノマネ大合戦。
    こんなおっさんの漫談会話の食レポートが5泊6日でおこなわれることに。

    途中のヨットの船長と一夜を過ごしたロブ。
    もうおっさんだから…といいつつ頑張るおっさん。
    スティーブもローマからスタッフ合流に前回一夜をともにしたカメラマンが…

    アメリカで3館上映が204館でロングラン
    って言葉で行きましたが
    この二人の映画マネの掛け合いが楽しくないときびいしいですね。

    マイケル・ケインとバットマン

    ヒュー・グラント

    イタリア映画
    ローマの休日とノッティングヒルの大きな違い

    007のモノマネと出身国


    こんな感じの1シーンがパンと出て
    「それはやりすぎや!!」
    って笑えるか否かですね。

    自分は半分くらいしか無理でした。

    スティーブ・クーガン
    どこかで・・・
    って思ったら
    あなたを抱きしめる日まででした

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告