酒中日記|MOVIE WALKER PRESS
MENU

酒中日記

2015年3月21日公開,99分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

坪内祐三の同名エッセイを原作に、坪内本人が主演を務め、人はどのように酒を飲み友と何を語るかをテーマに、実際馴染みにしている酒場を巡り歩く異色作。重松清、都築響一、亀和田武、杉作J太郎、中原昌也、康芳夫、南伸坊、中野翠といった個性豊かな面々が集まり独自の談議に花を咲かせ、飾らない素顔を垣間見せる。監督は「俗物図鑑」の内藤誠。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

某月某日。ツボちゃんこと坪内祐三が新宿ゴールデン街に現れる。文壇酒場〈しん亭〉2Fでは足かけ15年にわたる読書会が行われている。柳田國男の「明治大正史世相篇」にはじまり、エドマンド・ウィルソン、本居宣長、クロード・レヴィ=ストロースに続いて今は小林秀雄の「本居宣長」を読む。夜は新宿の文壇バー〈猫目〉で、移り行く東京の街並み、過去から現在までの東京特有の文化について都築響一と語る……。某月某日。雑司ヶ谷霊園にて敬愛する永井荷風の墓石に手をあわせる。その後、「古書往来座」で気になる本を物色。夜は銀座の文壇バー〈ザボン〉で亀和田武、杉作J太郎と“新時代のナポレオン”という奇抜な酒を囲んで歓談を楽しむ。銀座から新宿〈猫目〉に移動、入口で中原昌也と遭遇し連れ立つ。店では重松清も飲んでいる。カウンター席で中原と忌憚のない語らい。やがて独りになったツボちゃんは、重松のボックス席に合流。素面で会ったことのない二人はこの日も豪快に飲み続ける……。とある日の〈猫目〉カウンター。南伸坊、康芳夫と飲む。話題は南の名人芸「本人術」から、ツボちゃんの顔の造作まで多岐にわたる。南ともう一軒、同じ新宿に店を構える文壇バー〈風紋〉へ向かうとそこには中野翠の姿があった。話の中心は三人が大好きな相撲について。そしてまた夜が更けていく……。

作品データ

製作年
2015年
製作国
日本
配給
マジックアワー
上映時間
99分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?