ギリシャに消えた嘘|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ギリシャに消えた嘘

2015年4月11日公開,96分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

パトリシア・ハイスミスの小説『殺意の迷宮』を映画化したサスペンス。過って殺人を犯し、逃避行を繰り広げる夫婦とその知り合いの青年が辿る運命を描く。出演は「危険なメソッド」のヴィゴ・モーテンセン、「メランコリア」のキルステン・ダンスト。「ドライヴ」などで脚本家として活躍してきたホセイン・アミニが初監督に挑戦。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1962年。ギリシャのアテネでツアーガイドをしているアメリカ人青年ライダル・キーナー(オスカー・アイザック)は、パルテノン神殿を訪れた際、優雅な装いのアメリカ人夫婦、チェスター・マクファーランド(ヴィゴ・モーテンセン)と若く美しいその妻コレット(キルステン・ダンスト)と知り合う。コレットの依頼でガイドを引き受けたライダルは、夫妻と夕食を共にして、楽しいひと時を過ごす。その夜、夫妻の元へ1人の探偵が訪ねてくる。実はチェスターは、ニューヨークで裏社会の連中を相手に投資詐欺を働き、大金を奪って逃亡中だったのだ。揉み合いの最中、誤って探偵を殺害してしまったチェスターは、偶然ホテルにいたライダルに嘘をつき、協力を要請。やむなくライダルは偽造パスポートの制作を知人に依頼し、後日、クレタ島で受け取る段取りを整える。アテネを脱出し、船とバスを乗り継いでクレタ島に向かう途中で身の上話を語り合う3人。しかし、親しげにコレットと接するライダルに嫉妬の炎を燃やしたチェスターは、次第に酒を飲んで粗暴な言動を繰り返すようになってゆく。一方、ラジオのニュースでチェスターが探偵を殺害した事実を知ったライダルは、正当防衛が認められるからと自首を勧めるが、相手にされない。逃亡を助けて共犯者となったライダルも、既に後戻りできない。そんな2人の男の微妙な緊張関係は、チェスターとコレットの夫婦仲にも深い溝を生じさせてゆく。遂に夫婦を殺人容疑で指名手配した警察が大規模な捜査を開始。そのプレッシャーに耐えかねたコレットは、衝動的にバスを降りてしまう。港を目指して、荒涼とした大地を歩き続ける3人。ところが夜、雨宿りのため立ち寄ったクノッソスの遺跡で、コレットに悲劇が降りかかる。やがて厳重な警察の包囲網を潜り抜け、トルコのイスタンブールへ辿り着いた彼らを待ち受けていたのは、思いもよらぬ残酷な運命だった……。

作品データ

原題
THE TWO FACES OF JANUARY
映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
イギリス フランス アメリカ
配給
プレシディオ
上映時間
96分

[c]2014 STUDIOCANAL S.A. All rights reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    3.0
    2015/4/15

    そして現地で野党ガイドは信用できない・・・って思う。

    ライダルは、厳格な父が自分に与えてくれた教育がどんなに素晴らしかったか、今の自分を助けているか、気が付いて無いんだな。
    贅沢な話だ。

    成功してお金持ちで若い美人の妻を持つチェスターに父親像を重ねて見る。
    そして最後の「期待を裏切って悪い」・・・のチェスターの台詞。
    チェスターもライダルを息子のように感じていたのが解る。

    学の無い父親の下、必死でのし上がって来たんだろうな・・苦労したんだろうな・・

    何かViggoは一気に歳を取った感じだけど、相変わらず渋くて素敵でした。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告