新選組オブ・ザ・デッド|MOVIE WALKER PRESS
MENU

新選組オブ・ザ・デッド

2015年4月11日公開,72分
R15+
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

お笑いコンビ、バナナマンの日村勇紀が長編映画単独初主演を務める異色時代劇。幕末の京都に突如出現したゾンビに立ち向かう新選組隊士たちの姿を描く。原案・監督・脚本・出演は「キャプテントキオ」の渡辺一志。共演は「太秦ライムライト」の山本千尋、「グラッフリーター刀牙」のチャド・マレーン、「忍道 SHINOBIDO」の尚玄。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

幕末の京都。ある夜、新選組の名を盾に放蕩の限りを尽くすお荷物隊士・屑山下衆太郎(日村勇紀)は、ばったり出くわしたゾンビに噛まれてしまう。新選組監察方の山崎烝(川岡大次郎)らが駆けつけ、棒術の使い手である一番組見習い・火藤純(山本千尋)の活躍もありゾンビを捕縛。屑山も救出されるが、脈も心臓の鼓動もない死人状態であった。一方、輸送中のゾンビに逃げられた武器商人カウフマン商会は、新選組に捕縛されたゾンビを取り戻すため、腕利きの殺し屋・唐人エックスを差し向ける。屑山が徐々にゾンビへと変貌していく中、京の町もゾンビ感染が蔓延、人々の脅威になりつつあった……。

作品データ

映倫区分
R15+
製作年
2015年
製作国
日本
配給
クロックワークス
上映時間
72分

[c]「新選組オブ・ザ・デッド」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    4.0
    2015/4/15

    【賛否両論チェック】
    賛:主人公のキャラクターが痛快で、不謹慎ながらも思わず笑ってしまうシーンが満載。ゾンビとの鬼気迫る戦いも痛快。
    否:話そのものは荒唐無稽かつ結構チープで、現実派や本格派には向かない。R-15なので、グロシーンも多数あり。

     この作品の1番の見どころは、何といっても日村さんのキャラクター。シュールなツッコミのセリフが満載で、思わず笑ってしまいます。本来はゾンビが迫りくる怖いパニック映画のはずなのに、何となくコメディタッチで観られるのは、日村さんのお陰ですね(笑)。ですのでグロシーンが大丈夫な方は、ホラーが苦手でも充分に楽しめると思います。
     加えて、武術太極拳の優勝者でもある山本千尋さんの迫力ある殺陣や、飄々としているのに器の広さを垣間見せる坂本龍馬、そしてゾンビと人間との間で育まれる友情など、様々な人間模様も観ることの出来る作品に仕上がっています。
     B級感はありますが、一風変わった映画を観たい時にオススメの、痛快ゾンビ時代劇です。

    違反報告