鏡の中の笑顔たち|MOVIE WALKER PRESS
MENU

鏡の中の笑顔たち

2015年5月30日公開,102分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

技術だけを追い求めていたカリスマ美容師が、訪問美容を通じて技術より大切な物があることに気付いていく姿を描くヒューマンドラマ。出演は『仮面ライダーウィザード』の白石隼也、「監禁探偵」の夏菜、「L・DK」の中尾明慶、「臨場 劇場版」の松下由樹、「KAMIKAZE TAXI」のミッキー・カーチス。監督は「ヨコハマ物語」の喜多一郎。撮影監督は「ラヂオの時間」の高間賢治。

予告編・関連動画

鏡の中の笑顔たち

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

東京都内の人気美容室でカリスマ美容師として働く井上遼(白石隼也)は、数々のコンクールで輝かしい賞を受賞、自分の技術を高めることだけに日々邁進していた。職場の同僚たちにとってそんな彼はとっつきにくく妬ましい存在だったが、遼は順風満帆の毎日を送っていると思っていた。ある日、担当する人気モデルからの交際の申し込みを冷たくあしらってしまったことが原因で遼は店を解雇され、さらに不運なことに自宅のアパートまで火事に見舞われてしまう。路頭に迷った遼は、疎遠になっていた故郷・札幌へと向かう……。地元でカフェを営んでいる先輩・倉橋和也(中尾明慶)を訪ねた遼は、和也の紹介で1週間だけ地元の美容室で働くことになった。相変わらず店の中で孤立し淡々と日々を過ごす遼を見て、店長は、同僚の高橋まり(夏菜)と一緒に訪問美容の講習を受けるよう提案する。店長の話に不満を抱きおざなりに対応しようとする遼を強引に病院の一室へ案内すると、そこには髪を切りに来てくれたことを喜ぶ一人の女の子が待っていた。店長は、病気のため一時的に髪を失ってしまった少女のウィッグをセットするよう指示。淡々と髪をセットし終えた遼は、鏡の中で微笑み嬉しさのあまり涙ぐむ女の子に戸惑いを感じながらも、不思議な気持ちが湧き上がってくることに気付くのだった。その日を機に、遼の心に小さな変化が訪れ、不器用だが心優しいまりとともに積極的に訪問美容に参加し始める……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
日本
配給
ピーズ・インターナショナル
上映時間
102分

[c]2015「鏡の中の笑顔たち」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    5.0
    2015/6/4

    【賛否両論チェック】
    賛:周りの気持ちを無視し続けてきた主人公が、人間らしさを取り戻していく過程が見事で、心温まる。大切なテーマが色々詰まっているので、情操教育にも向いている。
    否:どうしても髪を切るシーンの繰り返しになるので、単調で退屈しやすいかも。

     始めは技術を磨くばかりで、周りとのコミュニケーションなんて二の次だった主人公が、全てを失い、地元のお年寄りの髪を切っていくうちに、少しずつ人間らしさを取り戻していく姿が非常に清々しくてステキです。前半と後半で、主人公から受ける印象が180度違うのが、不思議でもあり、微笑ましくもあります。
     ラストはやや強引にまとめた感じはありますが、それでも感動は必至です。仕事との向き合い方や、家族との温かい絆、そして何度でもやり直してチャレンジすることの大切さ等、いろんなテーマが詰まった珠玉の作品です。是非劇場でご覧下さい。

    違反報告