ラスト・リベンジ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ラスト・リベンジ

2015年5月2日公開,94分
R15+
  • 上映館を探す

ベテランCIA捜査官によるテロリストへの復讐を描くサスペンス・アクション。監督・脚本は、「タクシードライバー」脚本のポール・シュレイダー。出演は、「リービング・ラスベガス」のニコラス・ケイジ、「スター・トレック イントゥ・ダークネス」のアントン・イェルチン、「ふたりのベロニカ」のイレーヌ・ジャコブ。

予告編・関連動画

ラスト・リベンジ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

30年のキャリアを誇るベテランCIA捜査官エヴァン・レイク(ニコラス・ケイジ)は、CIAに入る以前はアメリカ海軍でも国に忠義を尽くすなど、輝かしい経歴を持っていた。しかし、「自分はまだまだ現役として現場で役に立つ人間だ」と主張するレイクに、上司は華々しい式典の約束と引き換えに引退を勧告する。そんなとき、レイクを慕う部下・若きCIA捜査官ミルトン・シュルツ(アントン・イェルチン)が、22年前の合衆国ミッション遂行中にレイクを監禁し拷問した政治過激派のテロリストリーダー、モハメド・バニール(アレクサンダー・カリム)がケニアに潜伏している可能性がある、という情報を突き止めた。その忌まわしい過去の記憶を、レイクは22年間一時たりとも忘れたことはなかった。死んだと思われていた仇敵がどこかで生きているはずだと信じていたレイクは、シュルツと共にルーマニアに飛ぶ。女性密偵ミシェル・ズバレイン(イレーヌ・ジャコブ)の力を借りながら、バニール生存の証拠を掴むことに成功するが、レイクは末期的な認知障害と医者に診断され、記憶が混濁するなど不安定な健康状態が続き、残された命は僅かになろうとしていた。しかしレイクは自分の肉体と精神に消えない傷を刻み込んだ宿敵バニールへの復讐に燃え、国家の威信と名誉、正義を守るため、自らの命を賭けてケニアへ最後の闘いに乗り込んでいく。

作品データ

原題
DYING OF THE LIGHT
映倫区分
R15+
製作年
2014年
製作国
アメリカ
配給
東京テアトル 日活
上映時間
94分

[c]2014 DYING OF THE LIGHT, LLC, ALL RIGHTS RESERVED [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.0
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2015/5/14

    【賛否両論チェック】 賛:信じてきた組織に見捨てられても、自らの信念のために命を賭け続ける主人公の姿が勇ましい。 否:若干尻すぼまりな感は否めない。愛国主義を問う内容も、賛否ありそう。 「CIAは仲間を見捨てない。」 を信条としてきた主人公が、そのCIAに見捨てられ、残りわずかな人生を自分の信念のために使おうとする姿に、とても感化されるものがあります。ただ、そこにどうしても“愛国心”や“正義”といったテーマが絡んでくるので、やや難しい話になってしまっている感があります。  終わり方もかなり好き嫌いが分かれそうな感じですので、ニコラス・ケイジの勇姿をご覧になりたい方向けの作品かも知れません(笑)。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2015/5/2

    ストーリー的に、どの位リアリティがある展開なのかちょっと解らないのだけれど、認知障害の患者にCIAの捜査官としての権限を持たせておくのは、流石に危険だと思うから引退勧告は当然だと思うわ。 今何をしていたか、家への帰り方、は忘れても昔の事は中々忘れられないのよね。ウチの祖母もそうだった。 そんな先輩を献身的に面倒みるミルトンが、Antonにしては珍しく頼もしい役でした。 ベンチに座る彼を見つけるシーンは切なかったなぁ。 彼らの行った事が正義なのかは解らないのだけれど、ホテルのプールでの無差別なやり方を見たら、う・・ん正義なのか・・と思う。 ただあの段階では彼らにその権限が無いのが問題だろうけど。 しかし、ニコラス・ケイジは凄く老けた。今まで若作りな役が多かったから、特に感じるのか・・ 久しぶりに出口調査に応えてたらスタッフに声を掛けられた。 年齢層が高いこのシアターで、比較的若い部類の女性5人だった我々は目だったらしく、ニコラスはまだ女性客を呼べるのか‥の確認だった。 ・・が、私達、Anton・Yelchinのファンです。ときっぱり答えてしまった。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告