ファンタスティック・フォー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ファンタスティック・フォー

2015年10月9日公開,100分
  • 上映館を探す

マーベルが1961年に初めて作り出した人気ユニット“ファンタスティック・フォー”の誕生と活躍を描くアクション。不慮の事故で特殊能力を手に入れた4人の若者たちがその力に苦悩しながらも、地球を脅かす敵と壮絶なバトルを繰り広げる。監督は『クロニクル』で注目を浴びた新鋭ジョシュ・トランク。

予告編・関連動画

ファンタスティック・フォー

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

発明オタクのリード、科学者のスー、その弟ジョニー、リードの相棒ベンの4人は人類の未来をかけた研究に参加する。その才能を生かし、異次元空間“プラネット・ゼロ”へのテレポートに挑むが、予期せぬ事故に巻き込まれ、彼らの体は衝撃的な変化を遂げる。事実を受け入れられずにバラバラになってしまった彼らの前に新たな脅威が現れる。

作品データ

原題
THE FANTASTIC FOUR
映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
アメリカ
配給
20世紀フォックス映画
上映時間
100分

[c]2015 MARVEL & Subs. [c]2015 Twentieth Century Fox [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.1
  • ひゃん

    2
    2015/11/6

    アメコミ界は何でこれほどリブートばっかり作るのか知らないが、
    観る側としては2005年版~の印象がまだ根強く残っていて、今回
    やっぱり変な気分で観終えることになった。設定は遡り、彼らは
    子供時代~青年期のまだ未熟な存在で実験の成功を自ら証明すべく
    無謀な行動に出てそこから超能力を帯びる展開はほぼ変わりない。
    結局楽しめるかどうかにかかるんだけど、これが全然面白くない。
    若手を使っているのに妙にダークで神妙な展開、アメコミらしさ
    がないとは言わないけど、一層暗くなっちゃった感じで「?」が残る。
    まぁ「クロニクル」の監督だから仕方ないかと思いつつ、挫折だらけ
    の青春ストーリーから離れていかないのはさすがの持ち味。次は
    スタジオのせいにしないで思いきりぶっ飛んだ作品を作ってみてね。

    (しかしM・テラーも善悪グレーまで何でもこなすわね。頑張ってぇ)

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • YO99

    4
    2015/10/21

    最近、マーベル物&アベンジャーズにハマったカミさん同伴で観賞。カミさんには微妙に期待外れだったかも?
    なんとなく地味だったのかな?
    古きマーベル初の異能4人組のお話。リメイクというよりは固定化したヒーローイメージをリセットするための作品なのかもしれません。
    そもそも誰が何してこうしてそうなった、の説明がシッカリ入ってます。なりたい系ヒーローではなく、なりゆき系ヒーローだよという設定。原因は産業エネルギー探しの異次元ワープで説得力はあります。
    2005&07版はアクション中心であり非人間に葛藤するヒーローとして描かれ、原因は宇宙事故。ジェシカ・アルバやクリス・エヴァンスが活躍。素敵なヒーローでした。
    本作は初代ヒーロー物のリセット版リスタート編として丁寧に語られているのだと思います。派手な異能バトルよりも壮大な異次元特撮と巨大なメカセットを重点にしたオープニング作として細部を確かめながら入り込める作品です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • tom

    3
    2015/10/15

    この作品はこの作品でいいんですが
    10年前の作品のほうが賑やかで
    マーベルっぽくって良かったような気がします。
    原作とも少しアレンジした内容になっているってことは
    新たな視点からの「ファンタスティック・フォー」を
    創り出そうとしてるってことでしょうか。
    おそらく次作もあるのかなとは思うんですが
    マーベルっぽくエンドタイトル後の
    次作へのつなぎ映像がまったくないのは
    ちょっと寂しい気もしますね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告