悪党に粛清を|MOVIE WALKER PRESS
MENU

悪党に粛清を

2015年6月27日公開,93分
R15+
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1870年代アメリカを舞台に、妻子を殺された男の壮絶な復讐を描くウエスタン。出演は「偽りなき者」のマッツ・ミケルセン、「300 スリーハンドレッド 帝国の進撃」のエヴァ・グリーン、「ポゼッション」のジェフリー・ディーン・モーガン、「未来を生きる君たちへ」のミカエル・パーシュブラント。監督は「キング・イズ・アライヴ」のクリスチャン・レヴリング。

予告編・関連動画

悪党に粛清を

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1870年代アメリカ。元兵士のジョン(マッツ・ミケルセン)は敗戦で荒廃したデンマークから新天地アメリカへと旅立つ。7年後、事業が軌道に乗ったことでジョンは妻子を呼び寄せ、再会を喜びあうが、非情にも目の前で妻子を殺されてしまう。怒りのあまり犯人を見つけ出し撃ち殺したジョンだったが、その男はこの辺り一帯を支配する悪名高いデラルー大佐(ジェフリー・ディーン・モーガン)の弟であった。大佐はジョンを追いかけ、更にその弟の情婦で声を失ったマデリン(エヴァ・グリーン)も巻き込み、それぞれの孤独で壮絶な復讐劇に身を投じていく……。

作品データ

原題
THE SALVATION
映倫区分
R15+
製作年
2014年
製作国
デンマーク=イギリス=南アフリカ
配給
クロックワークス=東北新社
上映時間
93分

[c]2014 Zentropa Entertainments33 ApS, Denmark, Black Creek Films Limited, United Kingdom & Spier Productions (PTY), Limited, South Africa [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2015/7/10

    【賛否両論チェック】
    賛:復讐のために、敢えて無謀な戦いに挑む主人公の姿が切ない。すぐに裏切る人間の浅ましさも描かれる。上映時間が短めなのも嬉しい。
    否:グロいシーンが結構多いので、苦手な人には向かない。

     西部劇ですが、保安官でさえも従わざるを得ないほど、理不尽に街を牛耳るマフィアの様子が描かれています。そして、愛する者を奪われ、そんなマフィアに正面から無謀な戦いを挑む主人公の姿にも、切なさと痛快さが合わさって感じられます。
     また、当初は善人だったはずの人々が、自らの保身が関わってくると、手のひらを返したかのように急に冷酷になる辺りにも、人間の浅ましさが如実に表れているような気がします。
     グロいシーンは多めですが、上映時間も短めなので、割と気軽に見られそうな作品です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2015/6/23

    何とも不条理。理不尽。西部劇の世界。
    死が身近にあるから、皆暴力の前で無抵抗。
    生き残る為の術なのだろうけど。
    沈黙を保つしかないマデリンの姿がとても象徴的。

    マッツは勿論相変わらず渋くて素敵なのだけど、兄のピーターが強くて頼もしい。
    hobbitで演じたビヨルンと通じる所が有る。格好良い!!

    ラストのシーンで、町の人たちがその後どうなったか‥が想像つきます。
    欲に駆られる人が出てくると、庶民が被害を被る。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告