ロスト・リバー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ロスト・リバー

2015年5月30日公開,95分

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「ドライヴ」などで活躍する俳優のライアン・ゴズリングが、初監督(脚本、製作も兼任)に挑戦したダークファンタジー。湖底に沈んだ街“ロスト・リバー”の謎を巡って、ミステリアスなドラマが繰り広げられる。出演は『エージェント・オブ・シールド』のイアン・デ・カーステッカー、「つぐない」のシアーシャ・ローナン。

予告編・関連動画

ロスト・リバー

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

経済破綻によって、住人たちがほとんど去ってしまったゴーストタウン。ボーンズ(イアン・デ・カーステッカー)は廃墟だらけの街でクズ鉄を集めながら、なんとか日々を暮らしていたが、生活は苦しくなるばかり。すでに自宅は差し押さえ寸前で、街を去るか否かの選択を迫られていた。そんな中、ボーンズの母ビリー(クリスティナ・ヘンドリックス)は、まとまった金を稼ぐために、怪しげなショーを行う店で働くことを決意。一方、ボーンズは幼馴染のラット(シアーシャ・ローナン)からある噂を聞く。この街が衰退した原因は、貯水池を造るために街の一部を水の中に沈めた時、一緒に“あるもの”を沈めてしまったことで、呪いがかけられたからだというのだ。真偽を確かめようと、湖底の街“ロスト・リバー”を探索するボーンズだったが、それを快く思わないギャングのブリー(マット・スミス)に目を付けられてしまう……。

作品データ

原題
LOST RIVER
製作年
2014年
製作国
アメリカ
配給
トランスフォーマー
上映時間
95分

[c]2013 BOLD FILMS PRODUCTIONS, LLC.ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    1.0
    2015/6/3

    【賛否両論チェック】
    賛:死にかけた町で、家族と生きるためにもがき続ける主人公達の姿が切ない。
    否:思いのほか単調で静かに進むので、好みに合わないと眠くなること必至。グロシーンも少しあり。

     “ダム建設”という特異な事情から、死にかけてしまった町を舞台に、生きるために戦い続ける主人公・ボーンズや、家族を守るために必死で働こうとする母・ビリーの姿が、とても切なく描かれます。そして、そんな彼らに迫り来る残酷な現実もまた、胸を締めつけるものがあります。
     ただ、かなり独特な雰囲気の静かな世界観なので、好みは極端に分かれそうです。
     舌を切ったり動物を切り刻んだりなど、グロテスクなシーンも結構あるので、その辺は気をつけてご覧下さい。

    違反報告